食育資格

食育資格とは、食に関する知識を正しく知り、食が人の身体に及ぼす影響や食生活の重要性について学ぶ資格です。食育に関する知識を深く知っておくことで、心身とも健康的に変えていけるだけでなく、子どもの偏食の防止にも応用できます。

前向きさん

当記事では、食育資格について詳しく解説していきます。

目次

食育資格とは

まずは食育について解説していきます。食育とは、文部科学省で定められている教育方法の1つです。

2005年に「食育基本法」が成立されたのはまだ記憶に新しいのですが、昨今では核家族や共働き等の影響により、手軽に摂取できるジャンクフードの摂取傾向が高くなっており、各国で問題視されています。

気軽に高カロリーを摂取できる時代だからこそ、食育資格は必要とされているのです。

食育資格を有していると、家庭での家族の健康管理に注意できるだけではなく、食に関わる実務でのキャリアップにも役立てられます。

ここで解りやすく食育に関する資格の事を「食育資格」と解説していますが、実は食育資格という資格は存在しません。

食育資格とは、教育方法の1つである「食育」に関して深く学んでおり、食育知識が十分にあるという事を認定する資格の総称です。

代表的な食育資格を挙げると「食育健康アドバイザー」や「管理健康栄養インストラクター」等が有名です。

これらの資格は、指定された通信学習にて3か月程度の学習を行うとカリキュラムの終了認定が貰えることになります。

学習から試験に至るまで全て在宅で挑戦できる資格なので、食育についてしっかりと学習したい方は「食育健康アドバイザー」や「管理健康栄養インストラクター」の取得を検討してみてください。

食育資格で学べること

次に、食育資格でどのような事が学べるのかについてです。

食育資格では、大きく分けると下記の3つの項目について深く学べるようになっています。

  • 食事の大切さと食育の仕方を学ぶ
  • 子どもへの食育と食材を学ぶ
  • 調理方法や盛り付けも学ぶ
前向きさん

1つ1つ見ていきます。

食事の大切さと食育の仕方を学ぶ

1点目に学べる点は、食事の大切さと食育の仕方です。

「私たち人間はなぜ食べる必要があるのか」という原点に戻り、正常な食事が正常な日常生活を送っていくのにどれ程重要であるかを再認識します。

性別や年齢に応じて摂取するカロリー量や必要な栄養素の量の摂取方法も学べるので、家族や子どもにバランスの良い食事を与えられます。

食育資格で得た知識は家事全般で役立つ知識であり、食生活のみでなく生活スタイルを見直したいという方にも非常におすすめできる資格です。

子どもへの食育と食材を学ぶ

2点目に学べる点は、子どもに対しての食育です。

食育は子どもの人格形成に重要な影響を与えると言われていますが、一口に「子供に対する食育」と言っても、具体的にどのような事を実践したら良いのか、解らない方も多いのではないかと思います。

食育資格では、効果的な食育の実践方法についても学べます。

前向きさん

具体的に学べる実践方法は下記の6点です。

  1. 家族でご飯を食べる事による食育
  2. 食育の本の読み聞かせによる食育
  3. 食材を購入し、産地や価格を確認する食育
  4. 農業体験で得られる食育
  5. 家庭菜園などでの農業体験で得られる食育
  6. 子どもと一緒に料理を作る食育

家庭でご飯の食べ方は勿論の事、食べ物を作り、商店に並ぶまでの過程を子どもにしっかりと理解させることで、好き嫌いの防止にも役に立ちます。

実際に自分で収穫した野菜であれば、嫌いな野菜であっても食べる子どもも多いようです。

食べ物の価値を理解することにより、自然に対するリスペクトを生み出すことは、人格形成に大きな影響を与えます。

調理方法や盛り付けも学ぶ

調理方法や盛り付けも学ぶ

食育というと、食育に関する学問のみの学習かと思われがちですが、実は調理方法や盛り付け方法についても学べるようになっています。

食事をするのに当たって、栄養バランスやカロリーの摂取量は勿論大切ですが【家族みんなで】【楽しく】食事をすることも、食育ではとても重要視されています。

家族の楽しい食卓を演出する為には、盛り付けが大切となってくるのです。

嫌いな食べ物でも、盛り付け方を楽しく工夫することで食べやすくなります。

更に、まだ硬いものを食べられないお子様への食事作りや、高齢者の為の消化に良い喉につまらない食事作り等の調理方法を学習できます。

このように、知識だけではなく実際の生活に役に立つ実技の部分も学習できるので現在子育て中の方や、介護中の方、家族の偏食に困っている方は食育資格の取得が解決の糸口になるかもしれません。

ここまで食育資格について詳しく見てきましたが、、実務に役に立つのみではなく核家族や共働きなどの影響により簡易化してしまった大切な食生活を見直すきっかけを作ってくれる資格です。

前向きさん

子どもの食育学習にも非常に役に立つ資格なので、現在の食のあり方を見直したい方や子供の偏食を改善したい方は是非、「食育健康アドバイザー」や「管理健康栄養インストラクター」の取得を検討してみてください。

食事や健康への解決策の提案や、現状を変えられる体系的な知識を手に入れられる資格です!

栄養素や含まれる食品など、食品全般に関する体系的な知識がしっかりと身につくおすすめの資格です! 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる