カフェオーナー経営士資格

カフェ運営のノウハウを理解できます!

カフェオーナー経営士認定試験とは、カフェオーナーとしての知識と、それを実務で活用できるスキルがあると認定された方に贈られる資格です。経営者としての運営ノウハウが身に付きます。

目次

カフェオーナー経営士資格が求められている理由

カフェ店舗はスターバックスコーヒー筆頭に、日本でも大変人気があります。

その他にもコメダ珈琲や星乃珈琲など、様々なカフェショップが存在し、それぞれ若年層から高齢層まで年齢に関わらず一定の人気があります。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

代表的な店舗のみならず、近年コーヒーショップは増える一方です。そんな時代のなか、自分のカフェショップをオープンしたいと考える人も多数存在します。

カフェオーナー経営士で得られる知識

カフェオーナー経営士認定試験では、カフェオーナーを経営するにあたってのマーケティングの知識、戦略、開業運営に必要な知識や開店時に必要な内装・設備などの知識も習得できるようになっています。

また、商品サービスの仕組みやカフェの企画、運営計画についても学べるため、カフェだけでなく、総合レストランや飲食店の開業にも役立つ知識が得られるのも魅力です。

このようにカフェオーナー経営士資格は、一から開業を目指す人々にとって必須知識や技術を得られる資格のため、カフェ経営をこれから検討されている方にとても求められています。

経営を深めて学べる実務的資格

カフェを開業するにあたって、魅力のあるお店づくりのために、経営方針を自ら考え、自らお店を運営していくのがカフェオーナー経営士の役割です。

空間デザインやオリジナルメニューの考案など、こだわりを持って、自分が作りたかった理想のカフェを実現できるのが、カフェオーナーの醍醐味といえるでしょう。

しかしカフェを開業するにあたり、開業計画から開業準備、損失のない運営の検討など、考えなければならないことは山ほどあります。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

カフェを開業するにあたり、カフェオーナー経営士資格を取得することで得られるものには、これらのものがあります。

  • 利益を確実に出すための開業計画の考え方
  • カフェ経営をするうえで必要となるコーヒーの専門的知識
  • コーヒーを淹れる技術
  • 新商品・オリジナル商品の企画などのマーケティング戦略
  • 資金調達、スタッフの採用など、運用上必要となる1から10までの実務的知識

届け出や会計についても学べる

カフェを開業するためには、様々な届出や手続が必要になるので注意が必要です。

大きく2つに分けられ、飲食店ならではの手続きや届け出と、全ての開業系の事業に共通して必要な税務署に提出しなければいけない書類等があります。

このような専門的で絶対的な理解が必要な内容も、しっかりと身につけられるので、その点も安心です。

また開業したあと、運営管理に必須となる収支計画のたて方、管理などの必要不可欠かつ会計知識という専門性の高い知識についても、しっかりと身につけられるようになっています。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

カフェオーナー経営士資格では、開業するまでに必要な手続きから、開業後に必要となる会計知識まで、細かく学べるようになっていて、オーナー初体験の方には非常におすすめのカリキュラムとなっています。

カフェの計画づくりにも生かせる知識を習得

多数の大型チェーン店や、人気の高い老舗店舗が存在するなど、非常に競争率の高いカフェ市場において、いかにオリジナル性を重視した個性的なカフェを展開できるのかが、店舗を成長させられるのかの分かれ道となります。

カフェオーナーになりたいと考えている人は、自分のカフェの独自性、強みは何か、自分のお店にしかないものは何なのかという差別化を常に考える必要があります。

また、それに基づいて考え出したオリジナリティーに合わせて、お店のメニュー開発から、宣伝、内装のデザインなど、さまざまな面を考えていく必要があります。

カフェオーナー経営士資格の内容には、マーケティングの知識、戦略、開業運営に必要な知識や開店時に必要な内装・設備などの知識についての学習も含まれています。

開業までに必要なマーケティング的思考を習得しておくことで、土地柄や地元住民に合わせたサービスや商品企画など、よりオリジナリティー性の高い企画を考案できるようになるため、楽しく経営計画を考えていけるようになるのです。

カフェオーナー経営士資格を受験するためには

前向きさんのアイコン画像前向きさん

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格特になし
受験料10,000円※消費税込み
受験申請インターネットからの申込
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価画必要
試験日程2カ月おきに実施

カフェオーナー経営士認定試験には、受験資格は特に必要ありません。

試験は2か月おきに実施されていますが、それぞれ受験申込期間があるので、期間内に申込を完了し、試験に挑みましょう。

申込みをすると解答用紙が送られてくるので、試験期間中にネットで試験を受けて、答案提出期限までに解答用紙を返却してください。

カフェ開業までの流れ

カフェ開業までの流れ

カフェ開業までには様々なことを考える必要があります。

カフェ開業までの流れを説明していきます。

① コンセプトを決める

自分のお店を出すうえで最も大事なことが、どのようなコンセプトの店にするのかということです。このコンセプトが曖昧になってしまうと、その後の開業計画をうまくたてられず、運営をスムーズに行えなくなってしまいます。

② 資金調達

開業資金を集めましょう。自己資金で全てまかなえるのであれば問題ありませんが、余裕がない場合は公的金融機関や市民バンクなどに相談する必要があります。

③ 物件探し

自分の作りたいカフェのイメージに沿った場所と店舗になるように物件探しを行います。エリアや、広さなど、さまざまな観点と予算を鑑みて物件を検討していきましょう。

④ 内装を考える

空調やお手洗い、家具、食器など、店舗で必要となる各種設備や機器をリストアップして準備していきましょう。

⑤ メニューや仕入れ先を考える

カフェで出すオリジナルメニューを考え、そのメニューに必要な材料などは、利益を考えつつ仕入れ先を検討する必要があります。

⑥ 資格の取得

カフェ開業の際には、「食品衛生責任者講習会」を受けて、「食品衛生責任者」の資格を取る必要があります。またその他にも、店内の収容人数によってとらなければならない資格も存在するので、注意が必要です。

⑦ 営業・宣伝

カフェを開業したとしてもすぐに集客できるということではありません。
オープンに合わせて、インターネットやチラシを駆使して宣伝をする必要があるでしょう。

このように開店までの流れも多々ありますが、開店後も営業や宣伝などやらなければいけないことがたくさんあります。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

カフェオーナー経営士資格を取得し、開店までの知識をしっかりと学び理解することで、安心して開業に挑めるようになるでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる