カラーセラピー資格

色は人の心との関係や ストレス社会にも効果を もたらす人気の資格です!

カラーセラピーとは色彩療法とも言い、色彩を利用して心理的な療法を行うものです。色で人の心を癒すことが目的となっています。カラーセラピー資格を取得した後はカラーセラピストとして、またカラーアドバイザーとして活躍できるようになります。

昔から色彩を使って人の心を開放して癒すことがわかっています。薬などを使わなくても色を使ってストレス軽減ができるカラーセラピーは現代においても注目されています。

ここでは、カラーセラピーによって得られる知識を詳しくまとめております。

前向きさん

より詳細な内容は資格公式サイトをご確認ください。

目次

カラーセラピー資格で学べること

カラーセラピーの資格で学べることは、大きく分けて以下の3つの項目になります。

  • 色でストレスを軽減できるスキル
  • 色と人の心の関係を学べる
  • いい精神を維持するための知識を習得
前向きさん

一つ一つ詳しく見ていきます。

色でストレス軽減できるスキル

この資格の取得によって得られる知識として、一つ目は色でストレスを軽減できるスキルです。

色には人の心を明るく元気にする効果がある「暖色系の色」と心を落ち着かせる効果がある「寒色系の色」とで分けられます。

色の効果の例
色の種類色の効果
暖色系赤・黄色・オレンジ
(暖かさを感じる色味)
明るい気持ちにさせてくれる
元気を出したいときに有効
興奮度を高めてくれる色です。
寒色系青・むらさき
(ひんやりと感じる色味)
気持ちを落ち着かせてくれる
リフレッシュしたいときに有効
鎮静効果がある色です。

上記の表のように、色にはそれぞれ人の心に様々な効果があります。カラーセラピーの資格では、まずこうした色の効果について理解していきます。

もっと細かくそれぞれの色のバランスや組み合わせを考えていくのですが、このように基本的な色による役割や効果を理解することが大切でしょう。

前向きさん

そして心理状態に合わせて、必要な色を普段の生活に取り入れるなどをして、精神状態を改善します。

カラーセラピーの資格では、こうした色の持つ効果についての知識が身に付き、専門的な視点から様々なアドバイスができるようになります。

色と人の心の関係を学べる

次に学べる知識の2つ目として、色と人の心の関係についてです。

色が持つ効果として、私たちが持つ不安やストレス、または喜びなども反映させられるようになります。

例えばビジネスマンがストレスを感じやすいのは、なぜでしょうか?

それは周囲の色が、ほとんど灰色だからです。会社には気持ちを高める色がほとんどないことから、ストレスを溜めがちで、疲労しやすい環境にあるとも考えられているのです。

前向きさん

このように、色は人の心に大きく作用してきます。

この色の効果を理解して、人の心と色の関係について理解することによって、色を使って気持ちを高ぶらせることも、落ち着かせることも出来るというわけです。

また、カラーセラピストの仕事として、色を使ってカウンセリングをしながら相談者の心理状態を知ったり、心理状態を表したり、など様々なアプローチが可能になります。

相談者が選んだ色によって、どんな人なのかどんな精神状態なのかを分析します。

そしてその人にはどんな色が必要なのか、どうしたら今の精神状態を改善できるのかを考えられるような、総合的な知識が学べるのです。

良い精神を維持するための知識を習得

そして最後の3つ目が、良い精神を維持するための知識を習得できるということです。

2つ目でも紹介した通り、色には人の心に大きく作用する効果があります。それを理解したうえで、どうしたら良い精神状態を維持できるのか?その人に合った効果はどういったものなのかを理解する必要があります。

前向きさん

例えば色による精神的改善効果として以下の点が挙げられます。

  • 緊張やストレスの緩和
  • 不眠の改善
  • うつ病の改善
  • 活力の減退の改善
  • 人間関係の改善

こうした緊張状態や精神状態による体の不調を、色による改善が可能になります。

前向きさん

色による精神的改善方法として具多的な改善例も交えて見てみましょう。

色による緊張やストレスの緩和

例えば、イライラしている精神状態の方には、緑や黄色などを部屋に取り入れることで、自然豊かなあたたかい家庭的な雰囲気を作り、精神を落ち着かせてストレスを緩和させられる「鎮静効果」が得られます。

このように色が持つそれぞれの効果を利用してカウンセリングすることによって、相談者の持っている悩みを解決できる知識が身につくということです。

前向きさん

こうした知識は現代のストレス社会においてとても必要になる知識となります。

色による人間関係の改善

色による人間関係の改善

人づきあいがうまくいかないという人へのアドバイスも可能になり、人間関係の改善にもつなげられます。

例えばオレンジなど、明るい色の服やものを身に着けると、自然と元気が出てやる気が出てきます。

さらにオレンジは人に陽気で明るい印象を与えてくれます。こうした効果によりコミュニケーションも上手くいくといった方もいます。

前向きさん

このように人が持つ色の印象や感じ方よって、人間関係の改善効果も得られるということになります。

カラーセラピーは、相談者が望む効果を得られる色を選んで普段の生活に取り入れ、又は身に着けることによって、良い精神状態を維持できるということですね。

カラーセラピー資格は応用範囲が広い

アパレル関係に勤めている人やインテリア関係やデザイン関係のお仕事をされている方には、とても人気の資格です。

前向きさん

身につけることによって、より良いアドバイスやアイディアが思いつく、そんな資格と言えます。

また仕事関係だけでなく、普段の生活の中にも取り入れても応用が効く知識なので、仕事と関係なく興味を持っている方は多いでしょう。

応用範囲の広い資格なので、取得を検討してみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる