DIY資格

DIY資格は趣味としてだけでなく、ホームセンターやカルチャースクールで講師活動ができる、最近のDIYブームに伴い人気のある資格です。DIY資格は、道具などの基本的な知識から使い方までを学び、修繕などの基礎知識を学びます。また、家具や棚などの製作知識を学びます。

DIY資格にも色々な種類がありますが、DIY工作アドバイザーや日曜大工士認定試験などは資格取得後に活躍の場が広く人気の資格です。

なお、「日曜大工スペシャリスト」は、「日曜大工士」に名称を変更しています。それに伴った、試験範囲や合格基準などの変更はありません。

目次

DIY資格で学べること

前向きさん

DIY資格で学べることは大きく分けて5つあります。

資格がカバーする知識
  • DIYの基礎知識
  • 必要な道具の知識と使い方
  • 塗装の技術や壁紙の貼り方などの修繕などに必要な知識
  • 家具などを制作する時に必要な知識
  • 百均アイテムやオリジナル作品のアイデア

DIYの基礎知識から、必要な道具の名称や使い方などを学びます。

不用品で工夫して工作をするアイデアや、身近なものでできるアイデアなどを身に着けていきます。

その他にも、レンガの積み方や珪藻土の塗り方など学習内容は多岐にわたります。

DIY(Do It Yourself)とものづくり

DIYとは、Do it yourselfの頭文字をとって作られた言葉です。「自分でやってみよう」や「自分でやる」という意味で使われます。

DIYの良いところは、自分オリジナルのものづくりができるという点です。自分の好きなものを、好きな形や色で工夫する楽しみがあります。

本棚や収納棚は自分が理想とするサイズや形が、既製品ではなかなか見つからない場合も多くあります。

そんな時、知識とアイデアをフルに活用し、自分オリジナルの使い勝手の良いものを作れたら、喜びはひとしおでしょう。

前向きさん

本格的な小屋制作から、家の壊れた箇所の修繕をしたり、こどものブランコを手作りしたり、幅広く生活の中にDIYとものづくりは関わっています。

木工作や壁紙貼りなどもDIY

いわゆる昔から日曜大工と言われているオリジナルのテーブルやいすなどの木工作。

DIYについての基礎知識と専門知識があることで、計画性を持ってより精度の高いものを製作できるようになります。

破れてしまった壁紙を修繕することも、DIY資格を学ぶことでより専門性の高い知識が身につきプロ顔負けの修繕さえ実現します。

せっかくがんばって修繕した箇所が、修繕する前よりひどい状態になってしまっては、達成感を味わえません。

前向きさん

日常の生活の中でもDIY資格を学ぶと活用場面は非常に多いのも嬉しいですよね。

家庭内の簡単な工作ができるようになる

DIY資格を取得することで、家庭でも簡単な工作を製作できるようになります。

棚などは、希望ピッタリの既製品はなかなかみつかりません。そんな時、自分で作った方が機能的で愛着のある家具を手入れらますよね?

壁に穴を開けたくないのであれば、突っ張り棒のように床と天井を支えられる道具を使って、壁を傷つけたり穴を開けたりせず、比較的簡単に棚が作れるのも魅力です。

自宅に道具が揃っていない場合は、板をカットしてくれるサービスや工具を貸し出ししてくれるサービスなどを利用しても良いでしょう。

DIY人気が高まり、このように便利なサービスや気軽に製作できるキットなどもたくさん商品化され、DIYはより身近なものになりました。

前向きさん

DIY人気が高まり、このように便利なサービスや気軽に製作できるキットなどもたくさん商品化され、DIYはより身近なものになりました。

今や、DIYは男性だけではなく女性にも絶大な人気があります。

おしゃれなディスプレイ棚や、すのこを使ったDIY、カラーボックスを使ったDIYなど、SNSなどでもDIY人気は高まっています。

子どもと一緒に作る木工作もれっきとしたDIYです。

計画通りにできあがった作品は、子どもにも尊敬のまなざしで株も一気にあがることでしょう。

前向きさん

家族みんなでDIYを楽しめます。

活躍の場が広がるDIY資格

活躍の場が広がるDIY資格

DIY資格を取得することにより、様々なシーンで活躍が広がります。

前向きさん

ここでは資格を活かした仕事についてまとめます。

ホームセンターのDIYコーナー担当やアドバイザーとして

DIYに必要な道具を買いそろえる場所と言えばホームセンターです。

最近では、プロもホームセンターで資材を購入しています。

店舗での経験と商品知識、それにDIY資格で学んだ知識によって、どんな相談も対処できるようになるでしょう。

また、ホームセンターには資材を加工する工作室などもあるので、アドバイザーとしても活躍できるようになります。

DIYの基本から素材の材質の違いなど、図面や製造工程のお手伝いまでお客様に満足していただけるように、様々な観点からアドバイスする必要があります。

前向きさん

DIY資格を取得し、知識と技能両方を兼ね備えた人だからこそできる仕事です。

カルチャースクールの講師や自宅で教室を開く

DIY資格を取得することで、カルチャースクールの工作やDIYを楽しむ講座の講師としての活動も可能です。

または、自宅を使って工作教室を開いたり、より本格的なDIYを楽しんだりするためにも、DIY資格の勉強は役立てられます。

DIYの知識だけでなく、実際に工具を使った実技を行うので、一定の知識と技術が必要となります。

DIY人気が高まっている昨今ではとても需要の見込める資格と言えます。

DIY資格を取得することで、より確かな知識とそれに伴った技術が身につき毎日の生活にものづくりがもっと身近なものへとなることでしょう。

当記事を参考にして、DIY資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか?

前向きさん

DIY資格では、これらの資格がおすすめですよ!

DIYに必要な知識、道具のスキルなどを磨くのに、この資格は最適です!↓

日曜大工でものづくりをする際に必要な道具の使い方や、制作物に関する知識を学ぶのに、この資格はぴったりです!↓

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる