犬猫介護アドバイザー資格

犬猫介護アドバイザーは、犬猫介護の知識を持った専門家です。犬、猫の大きさや種類に合った介護の方法をアドバイスします。

医学の発達とともに犬猫の寿命が延び、犬猫の社会でも高齢化が問題になっています。

前向きさん

高齢化にともない介護が必要な犬猫も増えており、犬猫介護アドバイザーは注目の資格です。

目次

犬猫介護アドバイザー資格で学べること

犬猫介護アドバイザーは、犬や猫などのペットの介護に関する知識を有しているとみなされると、合格が認定され、資格取得となります。

大型犬や小型犬などの犬種による違いや猫の介護など、犬猫の種類によって介護の方法も違います。

犬猫介護アドバイザーの資格で学ぶ主な内容は下記の通りです。

  • 食事や排せつの介助
  • 夜泣きの対応
  • 床ずれ防止の方法
  • 散歩の介助の方法

ペットそれぞれの違いに合わせた介護の方法などが、学べるようになっています。

予防接種や医学の発達により、ペットの寿命は延びています。4頭に1頭が高齢の犬や猫であるといわれ、ペットの世界でも高齢化が社会問題となっています。

犬猫介護アドバイザーは、犬猫の健康寿命を延ばすための知識もあります。

犬猫は高齢になると、肥満や病気を防ぐために若いころとは違った食事や運動が必要になります。

例えば、高齢になると運動量が減り、基礎代謝が下がるので、シニア用の食事が必要になります。

若いころとは、必要なエネルギーの量も変わるので、シニア用のフードが必要。かむ力や飲みこむ力も弱くなるので、柔らかくする工夫も必要です。犬猫はシニアになると、若いころよりもマッサージが重要になります。

マッサージにより、血行が良くなり心身ともにリラックスできます。全身をマッサージすることで、体の異変にも気づけるのです。

人間よりも早く歳をとる犬や猫。中には、ペットの介護のために仕事を辞めるという飼い主さんもいます。

前向きさん

高齢化とともに認知症になるペットも増え、ペットの介護の需要は高まっています。

犬猫の介護について提案できる

犬猫介護アドバイザーの資格があれば、犬猫の介護について適切な提案ができるようになります。

  • なぜ散歩に行きたがらないのか
  • なぜ夜泣きをするのか
  • 床ずれしない方法は?
  • マッサージの方法は?
  • どんなご飯をあげればいいの?

ペットの介護に不慣れな飼い主さんは、いつもと違うペットの様子に戸惑い、上記のような悩みを抱えています。

例えば、散歩に行きたがらない犬は、このような理由があります。

  • 足腰が弱ってきた
  • 視力や聴力が弱ってきたため、恐怖を感じている

足腰が弱ってきた犬のためには、足腰に負担がかからないコースを選ぶ、歩行補助用のハーネスを使うなどの方法を、視力や聴力が弱った犬には、人通りが少なく安全で、毎日同じ散歩コースを選ぶようにすると安心して散歩ができる、というような提案ができるようになります。

前向きさん

犬猫の状態と、飼い主さんの生活状況を良く聞き取り、状況にあった介護の方法を提案し、実践していけるのです。

犬猫の介護の基本から応用実務まで

犬猫介護アドバイザーの資格があると、犬猫の介護の基本はもちろん、実務に生かせるようになります。

ペットが老化や病気などにより介護が必要になると、どのようにペットの介護をしたら良いのか、悩む飼い主さんは多いものです。

ペットのケアだけでなく、飼い主さんの生活状況から、介護に向き合う方法についてもアドバイスをします。

飼い主さんだけで、ペットの介護をしなくてはと考え、夜泣きの対応や粗相の始末などで夜眠れなくなり、飼い主さんの方が体調を崩してしまうようなケースもあります。

そうならないためにも、犬猫介護アドバイザーは飼い主さんの状況に合わせた介護の方法や、プロの手を借りる方法なども提案し、一緒に犬猫の介護に向き合っていきます。

愛猫や愛犬のお世話を、自分で最期までしたいという飼い主さんは多いものです。

飼い主さんの気持ちに寄り添い、介護の方法を提案するのも介護を知っている専門家だからこそできることです。

犬猫介護の仕事をする方にもおすすめの資格

犬猫介護アドバイザーの資格は、様々な場所で活かせる内容です。

  • 動物病院
  • ペットショップ

このように、普段から動物に接する仕事をしている方には、特におすすめの資格です。

さらに、最近ではペットの介護施設や老犬ホームも増えてきており、働くためには資格があると有利になることもあります。

犬猫介護アドバイザーの資格で得た知識を活用して、自宅で介護施設を開業することも可能です。

前向きさん

介護が必要な犬猫のペットシッター業務や、起業も夢では無いでしょう。

犬猫介護アドバイザーはペットと飼い主に寄り添う仕事

犬猫介護アドバイザーは、犬猫の介護の専門的な知識を有した介護のプロです。

知識だけではなく、実務に活かすことも可能。介護が必要になった犬猫の飼い主さんに寄り添い、悩みを解決します。

犬猫の高齢化にともない、今後ますます増えると予想される犬猫の介護。

前向きさん

犬猫介護アドバイザーの資格は、今後ますますニーズの高まる資格であるといえるでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる