ブリーダー資格

ブリーダー資格は、犬や猫などに関する知識や技術を活かして飼い主を問題解決に導ける技能をもった方に与えられるものです。

前向きさん

ブリーダー資格は、ペットショップやペット用品販売店など様々な分野で活かせられるという理由などから、人気が高まっています。

目次

ブリーダー資格で学べること

ブリーダー資格は、犬や猫に関する知識や業務に関する知識などが学べるようになっています。

ペットブリーダーと命の扱い

ペットブリーダーの主な仕事は繁殖です。そのため、交配や妊娠、出産や子育てに関する深い知識や経験、技術が必要になります。

命を扱う仕事のため、犬や猫を飼育できる広い場所を確保しないといけません。伝染病や病気を防ぐためには、衛生面に気を付ける必要があります。

母親が安心して出産できる環境も必要なため、動物病院やペットショップなどとの連携も重要になってきます。

このようなことから、ブリーダーには責任感が必要になってきます。

前向きさん

ブリーダーは、毎日動物の世話や健康状態を確認するため、動物好きな人に向いている仕事です。

ブリーダーになるための正しい知識を学べる

ブリーダーとして活動するためには、仕事内容や活動目的を理解する必要があります。そのために必要な知識や技術を身に付けないといけません。

ブリーダー資格の学習では、仕事内容や活動目的などブリーダーになるための正しい知識を学んでいきます。

仕事内容 活動目的
・血統書付きの犬や猫を飼育し繁殖
・繁殖によって生まれた子犬や子猫を飼育
・犬や猫の躾や飼い方などを指導
・生まれた子犬や子猫を販売して利益を得る
・血統を組み合わせた子犬や子猫を飼育し大会やショーに出場する
・品質改良や新品種を作るため、血統の後継を残す

第一種動物取扱業登録は別途各自で取得

繁殖によって生まれた子犬や子猫を販売して利益を得た場合など、ビジネスで動物を扱うためには、第一種動物取扱業登録を各自で取得する必要があります。

ブリーダーが活躍できる分野

具体的にブリーダーは、どのような分野でどのようなに仕事しているのでしょうか?

前向きさん

代表的なものをまとめました。

ブリーダー

ブリーダーは、犬や猫などの飼育や繁殖に関する知識や技術を持ち、実際に仕事で活用できる人が活躍しています。ペットを飼いたい人のサポートやペットの魅力を伝えたい人にオススメの仕事です。

ブリーダーの多くは個人で働いています。全て自分で仕事する必要があるため、責任が重大です。しかしそれ以上に、やりがいと楽しさを感じられるでしょう。

ブリーダー資格を取得することによって、身についた知識面などで高い評価が得られることが多くなり、仕事の受注増につなげられます。

動物関連の仕事につくようなケースでは、ブリーダー資格の取得は就職が有利になります。

ペット繁殖インストラクター

ペット繁殖インストラクター

ペット繁殖インストラクターは、ペットの繁殖や飼育に興味があり、これらの業務を毎日できる人が活躍しています。ペットの繁殖に関わりたい人にオススメの仕事です。

自分で犬や猫などを繁殖させるのが仕事です。繁殖の仕事は様々なアクシデントが起こる可能性が高いため、とても神経を使います。

しかし、繁殖のために尽力できて動物に寄り添える人には、やりがいを感じられるでしょう。

身に付けた知識を他の誰かに教えるのも仕事のため、動物の専門学校やカルチャースクールなどで活躍できます。

前向きさん

興味がある人は資格を取得するのが良いでしょう。

ペットショップ

ペットショップは毎日動物の世話やケア、販売ができる人が活躍しています。ペットだけではなく、飼い主とのコミュニケーションを楽しめる人にオススメの仕事です。

毎日動物の世話やケアします。犬や猫だけでなく、爬虫類や小動物など、様々な動物を取り扱っているお店もあります。様々な動物と触れ合えるのは魅力的でしょう。

ペットショップはたくさんあるため、自分の好みに合った雰囲気のお店や好みの動物を取り扱っているお店を選んでも良いでしょう。

前向きさん

ブリーダー資格の取得は、ペットショップの就職でも有利と考えられます。

ペット用品販売店

ペット用品販売店は、犬や猫などの体や特性に詳しく、その知識を商品の販売に活用できる人が活躍しています。ペット用品の販売に貢献したい人にオススメの仕事です。

ペットに関する様々なアイテムを販売します。レジ業務や在庫管理、新商品のアピールなどをするため、接客好きな人なら楽しめるでしょう。

ペット用品販売店は、ホームセンターやドラッグストアなど様々な場所に併設されている場合が多く、働ける場所が選びやすいでしょう。

直接動物に関わることはありませんが、飼い主に適切な商品を勧められます。ブリーダー資格を取得することによって、説得力のある解説ができるようになるため、ペット関連の就職には有利な資格と言えます。

働き方の選択肢が多いブリーダー資格は、取得しておいて損はありません。

前向きさん

ブリーダー資格でおすすめの資格はこちらです。

ブリーダーの知識・技能だけでなく、経営の知識も学べる↓

犬や猫の種類別の繁殖方法について、体系的な知識が身につく↓

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる