ペット繁殖インストラクター資格

動物への愛情がもっと 深まる知識を得られます!

ペット繁殖インストラクター資格は、犬や猫の種類別の繁殖方法に関する知識が一定水準にあることを証明する資格です。この記事では、ペット繁殖インストラクター資格取得によって身に付けられる学習内容を少し詳しくまとめています。

前向きさん

より詳細な内容を知りたい人は、ぜひ資格公式サイトをご覧ください。

目次

ペット繁殖インストラクター資格が求められている理由

ペット繁殖インストラクター資格は、近年ペットブームの影響から、ペットショップ関連の仕事にも需要があります。

犬種や品種ごとの飼育の違いを学べる

ペット繁殖インストラクター資格は、犬種や品種ごとの飼育の違いを学べるようになっています。

交配〜飼育
病気
品種ごとの繁殖の注意点

  • 交配方法
  • ラインブリーディング
  • 犬の妊娠周期
  • オススメの飼育割合
  • 出産可能期間と終生飼育
  • 性格の良い子犬の飼育方法
  • 取引不成立事由の股関節形成不全
  • 膝蓋骨脱臼
  • 日本犬・大型犬
  • ミックス犬
  • ダックス・チワワ
  • トイプードル
  • フレンチブルドッグ
  • ヨークシャーテリア
  • 希少カラー

猫の繁殖・飼育のノウハウも学べる

前向きさん

猫の繁殖や飼育のノウハウも学んでいきます。

交配〜飼育
病気
繁殖の注意点

  • 交配方法
  • 完全室内飼育
  • 健康管理
  • 食事管理
  • 尾の奇形出産から離乳、出荷まで
  • 劣性遺伝種繁殖の注意点(スコティッシュホールド)

ブリーダーとは?

ブリーダーとは?

ペットの中でも犬や猫などは人気が高く、その多くはペットショップで購入されています。そのペットショップに犬や猫などを提供しているのがブリーダーです。

ブリーダーは動物を飼育し、交配させて生まれた子犬や小猫を販売するのが主な仕事です。

またブリーダーは、犬や猫に関する様々な知識を持っており、生まれてくる子犬や小猫に遺伝性疾患が起きないようにサポートもします。

例えば、交配させる種類や血統を選んだり、親犬の飼育や出産のサポートをしたりなども仕事の範囲です。

近年多くの人がブリーダーとして活動していますが、これはペットブームの影響でしょう。ブリーダーの多くは個人事業として活動していますが、最近では会社事業として活動するブリーダーも増えてきています。

ブリーダーの仕事は、子犬や小猫を繁殖させて販売するだけではありません。ショーや展覧会などに参加したり、品種改良したり様々な仕事があります。

前向きさん

ブリーダーとして活動している人には、動物を愛する心や動物を育てる責任感などは必要な資質となります。

ブリーダーの仕事内容

ブリーダーの仕事内容は、犬や猫の飼育や繁殖、流通などです。特に注意が必要なのは、交配です。犬の場合では、親犬の種類や血統、成長過程までを管理し、相手を選び交配させます。

交配は、ただ単に種類が同じであれば良いと言う訳ではありません。

性格や模様、体の大きさを調べたり、初産を確認したりする必要があります。動物に関する知識以外にも、経験が必要になのです。

このように、ブリーダーに求められる知識はたくさんあります。

交配後は、親犬が安心して出産できる環境や子犬を安全に育てる環境を作らないといけません。

出産時には、どんなトラブルが起きても対応できるように、知識や経験を身に付けておく必要があります。

ブリーダーとして運営する為には、たくさんの犬や猫を飼育する必要があります。

そのため、仕事内容や飼育に関する負担が多くなります。仕事内容は、飼育に適した環境作りから日常のエサやりや散歩、躾付けまで様々です。

この他にも、予防接種を受けさせたり、血統に関する書類を作成したりする必要があります。

前向きさん

子犬や小猫のお世話もブリーダーの仕事ですが、種類が違えば見た目や性格も違います。そのため、幅広い知識が求められるのです。

取引に関する情報や現実も知れる

ペット繁殖インストラクター資格では、犬や猫の飼育や繁殖だけではなく、取引に関する情報や現実も知れます。

例えば、オークションの仕組みやペットショップとの取引、個人顧客との直接売買や時期による価格変動などです。

ブリーダーになるためには?

ブリーダーになるためには、ペット繁殖インストラクター資格を取得しておいて損はありません。

前向きさん

ペット繁殖インストラクター資格の認定試験について、まとめました。

受験資格特になし
受験料10,000円(税込)
受験申請インターネットから
受験方法在宅
合格基準70%以上の評価
認定試験年に6回

認定試験の対策方法

ペット繁殖インストラクター資格の認定試験を受験するには、しっかりとした対策が必要です。自分で勉強しても問題ありませんが、不安な人は通信講座を受講するのがオススメです。

通信講座の場合、自宅で勉強ができるためスケジュールを立てやすいのも魅力です。分からないことがあっても、プロにすぐ質問で聞けるのはメリットですよね。知識が全くない初心者でも安心できるポイントです。

学習期間は勉強するペースによって違いますが、最短なら2カ月程度で終わります。1日30分くらいしか勉強できない人でも、6カ月程度あると十分でしょう。

前向きさん

当記事を参考に、ペット繁殖インストラクター資格の取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる