犬・猫ペットブリーダー資格

開業までの過程も学べます!

犬・猫ペットブリーダー資格では、ブリーダーとして繁殖や飼育、躾に関する知識やスキル、ノウハウ、倫理観などを学べるようになっており、他の仕事でも活躍できる知識が身につきます。

犬や猫は、ペットとして人気が高いだけでなく、それらに関わる資格も非常に高い関心を集めています。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

この記事では、犬・猫ペットブリーダーの資格の概要や、資格を持つメリットについてまとめています。

目次

犬・猫ペットブリーダー資格で学べること

犬・猫ペットブリーダー資格では以下の内容を学べるようになっています。

  • 家庭の犬・猫の繁殖について基礎的な知識
  • ブリーダーとしての責任と倫理観
  • ブリーダーとしての業務の知識
前向きさんのアイコン画像前向きさん

それぞれを見ていきましょう。

ペットを増やして売る仕事

そもそもブリーダーとは、血統書がついている犬や猫を繁殖させたり、躾や飼い方などを指導したりする専門的な仕事です。

ブリーダー自体は誰でもなれるのですが、営利目的でブリーダー業を開業する場合は、各都道府県の保健所に「動物取扱業」の届け出と「動物取扱責任者」の資格が必要です。

従って、犬・猫ペットブリーダーの資格は、ブリーダーになるための必要な資格ではありません。

しかし、ブリーダーとして活動するには、動物に関する幅広い知識と、ビジネスとしてのノウハウが求められます。

家庭の犬・猫の繁殖・改良について基礎的な知識とは?

ブリーダーは、血統書のついた犬や猫を飼うことで、繁殖させ、その子犬や子猫を育てますが、ただ単純に殖やすのが良いというものではありません。

安易な繁殖・交配は、遺伝性の疾患を引き起こす可能性があります。

ブリーダーは、動物の生態系を壊すことなく、また現存する血統や品種を守る責務があり、そのためにも掛け合わせてはいけない血統や品種、現在の人気などを知っておく必要があります。

また、後の飼い主に可愛がってもらえるよう、繁殖後の躾と飼育もブリーダーの仕事の1つです。

正しい躾や飼育は、愛情だけでなせるものではありません。

血統や品種ごとの特徴や性格を理解し、それぞれに適切な躾や飼育方法を知っておく必要があります。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

犬・猫ペットブリーダーの資格では、以上のような動物に関する幅広い知識はもちろんのこと、血統や繁殖、遺伝、躾や飼育に関する知識や技能が学べるのです。

健康で動物に優しいケアが大切

ブリーダーは、愛情を持って繁殖、飼育したらそれで良いというものではありません。

また、近年、悪質なブリーダーによる大量繁殖や狭小・劣悪な環境での多頭飼育など、ひどい目に遭っている犬・猫が後を絶ちません。

このような事態を受けて、2019年6月には改正動物愛護法が成立しました。

ブリーダーは、意図的に繁殖・交配をさせるわけですから、今後さらに高い倫理観を求められるようになっています。

一方で、ブリーダーは元気で丈夫な子犬、子猫を届けるという責任があります。

従って、犬・猫の健康面や衛生面には、細心の注意をする必要があります。

血統、品種が異なる犬・猫を多数飼育できる環境やスペースが必要であり、伝染病や病気が起きないよう注意しなければなりません。

万が一に備えて、動物病院やペットショップとも連携が取れるようにしておく必要もあります。

以上のように、ブリーダーは、犬・猫が健康で穏やかに過ごせるようにお世話しなければなりません。

また、躾の面から犬・猫とも積極的にコミュニケーションを取っていく必要もあります。

これらは単に愛情をもって接するだけでなく、論理的で正しい知識の下で行われて、初めて効果があります

前向きさんのアイコン画像前向きさん

犬・猫ペットブリーダー資格では、犬・猫を飼育する上での、高い倫理観と正しい知識が身につけられるのです。

ブリーダー開業までの過程を学べる

ブリーダーを事業として運営していくためには、犬・猫に対する愛情や知識、スキルだけではなく、経営についても学ぶ必要があります。

ブリーダー業は個人経営であることが多く、全てを一人で対応しなければなりません。

事前に学ぶべきことは多いのですが、それだけやりがいを感じられる仕事ともいえます。

犬・猫ペットブリーダー資格では、例えば開業に関しては以下の項目について学べるようになっています。

  • 開業に必要な設計・設備
  • 開業費用の目安

また、開業後も安定的に経営していくためには、以下の項目などを理解しておく必要があります。

  • ブリーダーとしての経費と収入について
  • 宣伝や告知方法
  • オークションの仕組み
  • ペットショップとの取引
  • 個人顧客との直接販売
  • 時期による価格変動や流行種

ブリーダーをビジネスとして成立させるには、これらのノウハウは必要不可欠です。

しかし、単なる金儲けの手段ではなく、「なぜブリーダーをするのか」「ブリーダーを通して実現したいこと」を明確にすることが、健全なブリーダーとして何よりも重要と言えます。

資格を生かせる仕事はブリーダーだけではない

資格を生かせる仕事はブリーダーだけではない

犬・猫ペットブリーダー資格を生かして、ブリーダー以外の仕事で活躍できるようになります。

ペット繁殖インストラクター

身に着けた繁殖に関する知識や技術を、誰かに教えたり、繁殖のサポートがメインの仕事です。

個別に繁殖のアドバイス、出産のサポートだけでなく、動物の専門学校やカルチャースクールなどが職場となるケースもあります。

ペットショップ

ペットに関する専門知識を持っていることは、ペットショップでは大きな武器となります。

お客様からの相談などにも的確に対応でき、大きな信頼が得られる職場と言えます。

ペット用品販売店

ペットショップ同様、ペット用品販売店でも専門知識は大きな武器となります。

お客様が飼っているペットに適切なアイテムを、論理的に説明できる貴重な人材となり得ます。

犬・猫ペットブリーダーの資格は、ブリーダーだけでなく、動物に関わる分野で多方面に活躍できる資格と言えます。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

もし、動物が好きだ、将来動物に関わる仕事に就きたい、そう考えているのであれば、これを機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる