ドッグトレーニング資格

犬と飼い主を より良い環境に 導くことができます。

ドッグトレーニング資格の習得によって、犬種ごとの飼育方法やしつけ方に関する知識などが身につけられ、犬への直接的な訓練や飼い主へのアドバイスを行い、犬と飼い主がお互いに快適な環境で過ごせるようサポートできるようになります。

前向きさん

今回はドッグトレーニング資格について詳しく説明していきます。

目次

ドッグトレーニング資格で学べること

ドッグトレーニングとは?

ドッグトレーニングとは、犬の飼育方法やしつけ方を飼い主にアドバイスや、トレーナーとして実際に犬を指導などを言います。

前向きさん

ドッグトレーニング資格を取得すると、以下に掲げる仕事や、知識を活かす場面があります。

ドッグトレーニング資格があるとできる・活かせる仕事
  • ドッグトレーニングアドバイザー(犬のしつけやトレーニングを含めた総合的な業務)
  • 犬のしつけインストラクター(しつけに関する方法や役立つ道具の知識提供)
  • ペットショップの店員(店内での日々の業務やお客様が飼われる際のアドバイス)
  • ペットトレーナー(犬のスクールや警察犬・盲導犬を育てる機関)
前向きさん

資格取得後も犬と飼い主の関係を直接見て判断していかなければいけませんが、知識がベースにあることで、的確なアドバイスや訓練を行えるようになります。

ドッグトレーニングとしつけ

潜在的な意識を引き出すしつけ

ドッグトレーニングで一番大きな部分を締める項目が、犬のしつけ方に関することです。

犬は種類や大きさなど様々な違いはありますが、基本的には賢い生き物であり、どの犬種も適切にしつけがされていると、飼い主の言うことを聞いてくれるようになります。

しかし、育った環境によっては性格や行動が変わってしまうため、飼い主が独自のしつけをしても改善できる限界があります。

そんな時にドッグトレーニングの資格を持つ人のアドバイスや指導によって、犬が潜在的に持つ忠実で賢い部分を引き出せるのです。

育った犬と子犬の違い

ドッグトレーニングにおけるしつけは、先に書いたようなある程度育った犬をしつけする場合と、生後3ヵ月から12カ月の子犬の時期からしつけを始める場合の2種類があります。

ある程度育った犬のしつけは、まず問題行動をなぜ起こすのかを考察して、犬ごとに合ったトレーニングを施していきます。

一方、子犬の時期はしつけが最も定着する時期であることから、基礎的なトレーニング全般を施すことになります。

ドッグトレーニング資格の勉強では、犬種以外にも子犬から老犬までの幅広い知識を得られるものです。

犬の飼育としつけの大切さ

犬の飼育としつけの大切さ

ドッグトレーニングは犬へのしつけだけではなく、飼い主に対するアドバイスや指導を行うことも含まれています。

仮にトレーニングによって、犬の行動が改善されたとしても、飼い主の理解度が低ければ、トレーニング前の除隊に戻ってしまう可能性があります。

人間と同じように犬も行動を繰り返すことで、行動がどんどん定着していくのです。

そして、犬が定着した行動が正しいものと判断するのは、飼い主が褒めてくれたことが大きな割合を占めていきます。

間違った時には叱ることも必要ですが、普段の犬の飼育やしつけで、叱ることが中心になっていると、犬側の信頼度も下がっていくものです。

前向きさん

最終的には愛犬と長い時間を過ごしていく飼い主の飼育法としつけが大切になっていくので、それを正しい方法に導くこともドッグトレーニングの役割です。

トイレや吠えグセ改善訓練も

ドッグトレーニングにおけるしつけは、トイレの粗相や吠えグセなどのなかなか治らないと思われがちな行動に対する改善訓練も行います。

トイレの改善訓練

トイレに関しては、近年では室内で犬を飼う人も多くなっており、上手くできない愛犬に悩まされる人も増えています。

トイレのしつけは子犬の時期から教え込むことが理想ですが、成長した犬でも反復練習させることで改善は見込めます。

トイレの改善訓練は指定する場所でトイレをさせつつ、指定した場所以外ではトイレをさえないようトイレのタイミングを記録することが主なものです。

また、これに合わせてドッグトレーニング資格を持つ人の指導後も飼い主が愛犬のトイレチェックを行うように、指導していきます。

吠えグセの改善訓練

吠えグセに関しては、犬が吠える行為は何らかサインを出しているのですが、普通に飼っている人でも愛犬の吠え方の違いがわからない可能性はあるものです。

犬が吠えるのは主に以下の2つの理由が考えられます。

  • 要求による吠え……散歩に行きたい、遊びたい、ご飯が食べたい
  • 恐怖・威嚇による吠え……苦手な動物や車が付近を通る
前向きさん

この吠え方の違いについて、ドッグトレーニング資格を持つ人に見てもらい、周りの環境と合わせて考察することで、適切なアドバイスや必要な訓練をして貰えます。

ドッグトレーニング資格としておすすめの資格

今回はドッグトレーニング資格で得られる知識のうち、犬のしつけと飼い主の指導を中止位に紹介しました。

これ以外にも動物病院やペットカフェでの犬の過ごし方の指導や犬に関する道具の理解などのドッグトレーニング資格で学べるようになっています。

どの知識も共通するのは、犬と飼い主の両方を良い環境に導く手助けになるところです。

犬を幸せにできるのはもちろんのこと、飼い主も笑顔にできるものなので、少しでも興味がある人は資格の取得にチャレンジしてみてください。

前向きさん

ドッグトレーニング資格としては、次の2つの資格がおすすめです。

家庭の犬のしつけについて専門的な知識が得られ、講師活動が出来るレベルになる非常におすすめの資格です ↓

犬種によるしつけの違いなど、その犬にあったしつけを的確に身につけられ、犬のしつけに関するインストラクターとして活動出来る、おすすめの資格です ↓

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる