タロット資格

需要と認知度が高く 有益な資格です!

タロット資格には、「タロットカード士資格」、「スピリチュアルタロット士資格」などがあります。タロット資格を取得すると、自分自身を占うだけでなく、カルチャースクールなどでタロット占い教室の講師などの際にも役立てられます。

タロット占いは、幅広い年代から指示を得ている人気の占いであり、需要の高さがあります。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

タロット資格は、将来的にも求められる有益な資格です。

目次

タロット資格で学べること

タロット資格は、「タロットカード士資格」や「スピリチュアルタロット士資格」があります。「スピリチュアルタロット士」は、「スピリチュアルタロットアドバイザー」が名称変更したものです。名称による試験範囲や合格基準の変更はありません。

タロット資格は、目に見えない霊的なスピリチュアルなことや、超自然的な魂的なものを体の五感を使用して行なうタロットカード占いについて学んでいきます。

タロットカード占いは、初心者の方でも書籍などで学び、体験ができますが、合計78枚のカードの意味を覚えるのは困難です。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

タロット占いを始めたい方や、タロット占いを極めたい方は、タロット占いの基本的な事柄から占い方法を詳しく学べるタロット資格がおすすめです。

タロットカードとは

タロットカードは、占いや遊戯などに使用されているカードです。

大アルカナ22枚の絵札(えふだ)
小アルカナ40枚の数札(かずふだ)
16枚の人物札

タロットカードは、大アルカナの22枚と小アルカナの56枚で構成され、合計で78枚のカードがあります。

大アルカナは、象徴的な意味を表わすカードです。小アルカナは4つの要素を表わしています。小アルカナは40枚の数札と16枚の人物札に分かれます。

22枚の大アルカナには、寓意画(ぐういが)が描かれています。寓意画は、抽象的で曖昧な概念を具体的な物事に置き換えて描いた絵画です。

市販のタロットカードでは大アルカナのみのセットも多く、タロットカードを象徴するカードです。

番号タイトル意味
0(22、21,無番号)愚者夢想・愚行・極端・熱狂
1魔術師意思・手腕・外交
2女教皇秘密・神秘・英知
3女帝実り・行動・月日の長さ・未知
4皇帝統治・堅固さ・防御・同盟
5教皇信条・社会性・恵みと有徳
6恋人魅力と愛美
7戦車援軍・摂理・勝利・復讐
8(11)力・勇気・寛大・名誉
9隠者深慮・忠告を受ける・崩壊
10運命の輪幸運・転機・向上
11(8)正義平等・正しさ・正当な判決
12吊された男英知・慎重・試練・直観
13死神停止・損失・死と再生
14節制調整・中庸・倹約・管理
15悪魔暴力・激烈・宿命・黒魔術
16悲嘆・災難・不名誉・転落
17希望と吉兆・瞑想・放棄
18隠れた敵・幻想・欺瞞・放棄
19太陽物質的な幸福・幸運な結婚
20審判復活・位置の変化・更新
21(22)成功完成・約束された成功・旅

タロットカードは、15世紀前半にゲームとして使用されていたのが最古であると言われています。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

19世紀に入るとタロット占いが本格的に広まりました。

カードは暗記しないと仕事にできない

タロットカードには、1枚ごとに異なる絵柄が描かれています。それぞれに意味があり、理解する必要があるます。

一度に全てを覚えることは難しいので、占いをしながら結果と解説を見て、少しずつおぼえるのが得策です。

タロットカードの引き方

タロット占いは、占いのときに引いたカードが、占う対象の人の行いによって影響されると考えられています。

そして、引いたカードの持つ意味を解説していく占い方法です。カードの引き方は、単純に一枚引いて占う方法もあります。タロットカードの引き方に決まりはありません。

タロット占い師として仕事で占う場合は、占う対象の人の行動や性格を読み取るために、タロットカードの引き方を選択する必要があります。

タロットカードを暗記する必要性

そして、引かれたカードがもっている特性や意味を理解して、さらに分析して、その場で占い結果を相手に伝えなければいけません。つまり、仕事としてタロット占いをする場合はカードを暗記する必要があります。

占いを受ける人は、何かしらの不安や悩み、苦しみ、期待など、さまざまな感情をもっています。タロット占い師の占い結果の言葉一つ一つに、真剣に耳を傾けているのです。

タロット占いの結果を、直感力と想像力で伝えるのがタロット占い師の仕事になります。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

正確で豊富な知識が基盤にないと占いに説得力をだすことが難しくなるでしょう。

分かりやすく結果を伝えるスキルが重要

分かりやすく結果を伝えるスキルが重要

占いは多くの人にとって身近な存在になりました。しかし、タロット占いは、占いの中でも難解な印象を持っている方が多いでしょう。

タロットカードには、画が描かれているだけなので、タロットカードの知識のない方にとっては、意味を想像することは難しいからです。

人が占いを受けたいと考える時は、大きな迷いがあり、決断を迫られているケースがあります。

または、どうしても自分だけでは消化しきれなくて、藁にもすがる気持ちでいる方もいるでしょう。

分かりやすく伝えることが重要

占いの依頼者に、タロット占いの結果を分かりやすく、かみ砕いて伝えるスキルが重要になります。

依頼者の言葉をよく聞いて、心地良いコミュニケーションをはかり、依頼者の進む道を照らすことが仕事です。

タロットカード資格は、占い師の基本的な知識と、テクニックを身につけられる資格です。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

タロットカード資格を取得して、悩める依頼者に的確なアドバイスができるタロット占い師を目指しましょう。

自身を占えるようになったり、タロット占い講座などを開けるスキルが身につく↓

運命を解釈し、人生を豊かにする知恵が身につく↓

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる