色彩資格

私生活から仕事まで、 この資格を活かせる 場面は多彩です!

色彩資格は、色自体の持つ性質を深く理解し、色が心身に及ぼす影響を研究する色彩心理学から、色の心理的効果を活用した色彩診療まで、幅広く学べる資格です。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

当記事では、実務のみでなく私生活にも役に立つ色彩資格について詳しく解説していきます。

目次

色彩資格とは

色彩は人間に様々な影響を与えるとされており、現に色彩を用いた療法は古代文明時代から存在し、日本においては「色彩治療法」と言う名称で大昔から親しまれてきました。

ここでは色彩を扱う資格として、大きく色彩資格と分類していますが、色彩資格という名称の資格は存在しません。

色彩資格とは、色が持つ効果を学ぶ資格の総称です。

代表的な色彩資格を挙げると「カラーセラピー認定試験」「色彩インストラクター」「カラーアドバイザー認定資格」等が人気で、通信講座を用いて学習することにより、短期間の間に在宅で資格の取得ができるようになります。

色彩資格が求められている理由

前向きさんのアイコン画像前向きさん

次に、色彩資格が今注目を浴びている理由について見ていきます。

色彩資格が求められている理由として下記の2点が挙げられます。

  • 色の学問と実務・私生活への活用
  • 色と人の心の関係を学んで活かせる
前向きさんのアイコン画像前向きさん

それぞれ解説していきます。

色の学問と実務・私生活への活用

1点目の理由を解説する前に、そもそも色彩資格が注目を浴び求められている大きな理由の1つとして、ストレス社会や人間関係に対する不安・不満が挙げられます。

更に、将来に対する漠然とした不安をはじめ、心に精神的不安を抱えた方が、セルフメンタルケアをしていこうという傾向も大きく要因としていると考えられます。

それでは本題に入りますが、色彩について深く学ぶと、自分のメンタルをコントロールしてポジティブな気持ちに持って行く方法が身につきます。

具体例を挙げると、活動的な気持ちになりたい時には家具や服、アクセサリーなどを暖色にする等です。

逆に青色は血圧を下げる効果があり、イライラした心を静める際には寒色系が有効とされています。

このように色彩資格は、私生活への活用が可能なので、ストレス社会に生きる私たちにとって必要な資格と言えるでしょう。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

また、実務にも色彩資格は役立ちます。

下記に色彩資格を取得すると活躍できる職業をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

《 色彩資格が役に立つ仕事一覧 》
  • カラーセラピスト
  • カラーアドバイザー
  • イラストレーター
  • デザイナー

上記はごく一例で、上記以外にも色を扱う仕事のスキルアップに役に立つでしょう。

現在色に携わるお仕事に従事している方や、これから転職したい方、色彩療法によってセルフメンタルケアをお考えの方は是非「カラーセラピー認定試験」「色彩インストラクター」「カラーアドバイザー認定資格」の取得を検討してみては如何でしょうか。

色と人の心の関係を学んで生かせる

色と人の心の関係を学んで生かせる
前向きさんのアイコン画像前向きさん

2点目の理由は、色と人の心の関係を学んで実生活に活かせるという点です。

上の項で、色彩によってセルフメンタルケアは気持ちの改善が可能であると解説しましたが、色彩心理学を深く学んでいくと、自分だけでなく対人関係の改善にも活かせるという事が解ります。

現にアメリカの少年院の壁を暖色であるピンクに塗り替えた所、今まで対人関係の争いが耐えなかった少年院の少年たちが、大変穏やかに生活できるようになったというデータもあります。

この事から、色彩の持つ力はとても人間に影響を与えるという事が解ります。

家族の好む色合いから、メンタルの状況を読み取ったり、色の感じ方により健康状態を測れたりするので、大切な家族のサポートが可能な他、日常生活やインテリアの中に色彩心理学を取り込み、家族の精神状態を健全な状態に変えられるというメリットもあるのです。

色彩資格は独学で取得可能か

前向きさんのアイコン画像前向きさん

最後に、色彩資格は独学で取得できるかどうかについて解説して終わります。

結論から先に申し上げると「カラーセラピー認定試験」「色彩インストラクター」「カラーアドバイザー認定資格」をはじめとした色彩資格は、独学での合格も可能ですが、時間もお金も思っている以上にかかってしまうので、あまりおすすめできません。

これらの資格は、通信講座を用いる事により最短2か月で合格が可能です。

通信講座のテキストは通常、書店で販売しているテキストよりも解りやすく、要点をついた学習が可能なカリキュラムとなっているので、色彩についてまったくの初心者でも資格取得の挑戦ができますよ。

当記事では、色彩資格について詳しく解説していきました。

色彩資格は、色に関する仕事をしている方は実務に活かせる事は勿論、私生活の心理状態や精神状態の安定にも活用できる資格だという事が解りましたね。

「カラーセラピー認定試験」「色彩インストラクター」「カラーアドバイザー認定資格」の資格は通信講座で在宅での学習が可能なので、現在色に携わるお仕事に従事している方や、これから転職したい方、色彩療法によってセルフメンタルケアをお考えの方は是非、これらの資格を取得してみましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる