九星気学資格

古代中国が発祥といわれている「九星気学」は、星の示す方位をもとに開運や凶悪を避けるとされていて、人生をよりよい方向へと導いてくれる占いです。

九星気学資格は、九星気学の知識をもとに、個人に合わせた鑑定や運気アップへの助言を行います。

四柱推命や数理占術との相性も抜群で、いくつかの占い方を組み合わせることで、幅広く信頼性の高い鑑定を可能にしてくれます。

目次

九星気学資格で学べること

九星気学資格では、九星気学をもとに、基本的な知識を有する人に与えられる資格です。

前向きさん

具体的には、九星気学の成り立ちや年盤、月盤、日盤、時刻盤の作り方や九星気学を用いた鑑定技法について学びます。

九星気学と占いについて

九星気学の起源は中国です。

古代中国の民間信仰「九星」に、五行と干支・八卦 を組み合わせたものを「九星術 」と呼んでいます。

これを園田信次郎という人が「気学」としてまとめ、現在での「占星術」や「気学」を一緒にしたものを「九星気学」と呼ぶようになりました。

九星気学で占えること

前向きさん

九星気学で占えることとして「性格」「運勢」「相性」「方位の吉凶」「家相」があります。

性格九星気学を使うことで、基本的な性格や恋愛傾向・理想とするライフスタイル・人生観・適職・能力といったものを占う
あらゆる側面から自分を知ることが可能
運勢九星気学で自分の運勢を占うことで、重要な決断をするべき時期を見定める
九星気学では、好調か不調か時期を占う
相性自分との相性が気になる人の本命星を使って、自分の本命星と照らし合わせることが相性がどうかを占う
方位の吉凶旅行や引越しなどという移動を伴う場合に、どの方位が自分にとって吉なのか、はたまた凶なのかを占う
家相土地や家の間取りから、吉か凶かを占う
気の流れや方位によって、その人を開運へと導く道しるべの役割

九星気学の干支・五行説・陰陽五行・相剋とは

九星学は、干支・五行説・陰陽五行・相剋を組み合わせた占いです。

それぞれどういったものであるのかも、学びます。

干支天のエネルギーである「十干」と地のエネルギーである「十二支」を組み合わせたもので60通りがある
五行説天地に存在する物体や気体などを構成する「火・水・土・木・金」の要素
陰陽五行五行説に世界に存在する相反する2つの物を表す二元論
相剋反発し合う相性の悪い組み合わせ

吉方位を見る時に使う占い

旅行や引越しで、自分の吉方位が分かると、その土地の運気を自分に取り込めるようになります。

反対に、凶方位に行ってしまうと、悪い運を引き寄せてしまうことになります。

前向きさん

自分の吉方位を知るには、「本命星」を知る必要があります。

本命星を知る方法

吉方位を調べるためには、自分の本命星が、どの九星にあたるのかを調べる必要があります。

前向きさん

九星とはこれらのものを言います。

・ 一白水星(いっぱくすいせい)
・ 二黒土星(じこくどせい)
・ 三碧木星(さんぺきもくせい)
・ 四緑木星(しろくもくせい)
・ 五黄土星(ごおうどせい)
・ 六白金星(ろっぱくきんせい)
・ 七赤金星(しちせききんせい)
・ 八白土星(はっぱくどせい)
・ 九紫火星(きゅうしかせい)

人間は、生まれたときから決められた「本命星になる九星」があります。

それぞれの九星ごとに、いいエネルギーを吸収できるのが吉方位です。

前向きさん

吉方位を知るためには、「九星一覧表」から自分の九星がどこにあるのか調べる必要があります。

九星一覧表

一白水星二黒土星三碧木星四緑木星五黄土星六白金星七赤金星八白土星九紫火星
1936年 (昭和11年)1935年(昭和10年)1934年(昭和9年)1933年(昭和8年)1932年(昭和7年)1931年(昭和6年)1939年(昭和14年)1938年(昭和13年)1937年(昭和12年)
1945年(昭和20年)1944年(昭和19年)1943年(昭和18年)1942年(昭和17年)1941年(昭和16年)1940年(昭和15年)1948年(昭和23年)1947年(昭和22年)1946年(昭和21年)
1954年(昭和29年)1953年(昭和28年)1952年(昭和27年)1951年(昭和26年)1950年(昭和25年)1949年(昭和24年)1957年(昭和32年)1956年(昭和31年)1955年(昭和30年)
1963年(昭和38年)1962年(昭和37年)1961年(昭和36年)1960年(昭和35年)1959年(昭和34年)1958年(昭和33年)1966年(昭和41年)1965年(昭和40年)1964年(昭和39年)
1972年(昭和47年)1971年(昭和46年)1970年(昭和45年)1969年(昭和44年)1968年(昭和43年)1967年(昭和42年)1975年(昭和50年)1974年(昭和49年)1973年(昭和48年)
1981年(昭和56年)1980年(昭和55年)1979年(昭和54年)1978年(昭和53年)1977年(昭和52年)1976年(昭和51年)1984年(昭和59年)1983年(昭和58年)1982年(昭57年)
1990年(平成2年)1989年(平成1年)1988年(昭和63年)1987年(昭和62年)1986年(昭和61年)1985年(昭和60年)1993年(平成5年)1992年(平成4年)1991年(平成3年)
1999年(平成11年)1998年(平成10年)1997年(平成9年)1996年(平成8年)1995年(平成7年)1994年(平成6年)2002年(平成14年)2001年(平成13年)2000年(平成12年)
2008年(平成20年)2007年(平成19年)2006年(平成18年)2005年(平成17年)2004年(平成16年)2003年(平成15年)2011年(平成23年)2010年(平成22年)2009年(平成21年)
2017年(平成29年)2016年(平成28年)2015年(平成27年)2014年(平成26年)2013年(平成25年)2012年(平成24年)2020年(令和2年)2019年(令令和1年)2018年(平成30年)
引用元
もしも分からないなら自動計算ツールを使おう!

九星一覧表でも、自分の本命星の九星が分からない場合は、便利な無料ツールもあるので活用してみましょう。

それぞれの年の月間吉方位カレンダーで吉方位をチェック

それぞれの年の月間吉方位カレンダーで吉方位をチェック

それぞれの年によって月間吉方位が違います。

それを表した月間吉方位カレンダーを使って、吉方位を占っていきます。

各自の九星を決めて鑑定

前向きさん

ここまで解説してきたように、九星は、その人の生年月日から割り出せるものです。

上記でご紹介したように、九星一覧表や無料ツールなどを使って、簡単にその人の九星を調べて鑑定・助言を行います。

九星には、吉方位や凶方位を明らかにして、「祐気(ゆうき)」(土地の持つ強いプラスの気を採る)し、開運に導く占いです。

相生・比和・相克とは?
言葉意味
相生お互いに活かしあう組み合わせで良い
比和同じ気が重なり合う事
相克お互いに対立する組み合わせで悪い
相生の関係

五行の中でも良い組み合わせで、お互いに活かし合う関係です。

木生火木が燃えて火が発生する
火生土燃え切った火が灰になって土になる
土生金長い年月によち土から金属・鉱物になる
金生水金属の冷気が水を生み出す
水生木水で樹木が育つ
相克の関係

お互いに運気を殺し合い、五行でも悪い関係を表します。

金剋木 金属で木を切り倒し命が奪われる
木剋土 木が土の養分を吸って土が痩せる
土剋水 土に水がかかると水がどろどろになる
水剋火 火に水がかかり火が消える
火剋金 火が金属を溶かす
比和の関係

同じ気が重なることを表します。

同じ気が重なるので、良いように進めばよくなるのですが、悪く進めば悪く働くことを意味しています。

吉方向を割り出す

自分の本命星が分かったら、九星年盤に運行している方位から、吉方位を割り出します。

本命星相生・比和
一白水星 三碧木星 四緑木星 六白水星 七赤金星
二黒土星 六白水星 七赤金星 八白土星 九紫火星
三碧木星 一白水星 四緑木星 九紫火星
四緑木星 一白水星 三碧木星 九紫火星
五黄土星 二黒土星 六白水星 七赤金星 八白土星 九紫火星
六白水星 一白水星 二黒土星 七赤金星 八白土星
七赤金星 一白水星 二黒土星 六白水星 八白土星
八白土星 二黒土星 六白水星 七赤金星 九紫火星
九紫火星 二黒土星 三碧木星 四緑木星 八白土星
九星相生・比和一覧表

引用:http://ak8mans.com/kyuuseikigaku.html

凶方位

凶方位は、本命星の「相剋 」から割り出します。

本命星相剋
一白水星 二黒土星 八白土星 九紫火星
二黒土星 一白水星 三碧木星 四緑木星
三碧木星 二黒土星 六白水星 七赤金星 八白土星
四緑木星 二黒土星 六白水星 七赤金星 八白土星
五黄土星 一白水星 三碧木星 四緑木星
六白水星 三碧木星 四緑木星 九紫火星
七赤金星 三碧木星 四緑木星 九紫火星
八白土星 一白水星 三碧木星 四緑木星
九紫火星 一白水星 六白水星 七赤金星
九星相剋一覧表

引用元

九星気学で開運

九星気学では、月盤と日盤を作って、星とその位置関係から吉方位を調べていきます。

九星気学を身につけることにより、占い師として活躍できる他にも、自分の開運への道しるべとしての活用も可能です。

前向きさん

また、ビジネスへの効果も期待できるでしょう。

九星気学の活用方法

九星気学資格は、ビジネスの面でも効果がある資格です。

仕事内容活用方法
講師自分のスキルの証明として九星学資格を生かす
転職採用の際に資格の有無が影響する
占い師クライアントに信頼されることにより占いに信憑性を与える

九星気学を学んで人生に役立てよう

九星気学を学ぶことで、自分のことを知り、チャンスに気が付くサインになります。

自分の生まれ持った性格や運勢は、九星気学を使うことによって簡単にわかり、自分に何が必要か、足りないものはなんなのか気が付くヒントになるでしょう。

前向きさん

九星気学資格で、クライアントや自分自身の人生を好転させていきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる