カフェオーナー資格

カフェを開きたい方にピッタリの資格です!

「コーヒーソムリエ認定試験」と「カフェオーナー経営士検定試験」はカフェオーナーを目指す人なら持っておきたい資格です。美味しいコーヒーの淹れ方と経営者としてカフェを運営する際の知識が身につきます。

目次

カフェオーナー資格で学べること

カフェオーナーとは、店舗の経費や売上管理等を行うカフェの経営責任者を指します。内装やメニュー作り、スタッフの管理も担い、総合的な立場から店舗を運営します。

カフェオーナー資格で活かせること

カフェオーナーには商品であるコーヒーの知識と経営者としての実務能力が必要になります。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

カフェオーナー資格の取得によって、以下の知識やスキルが身についたと認定されます。

  • コーヒー豆の特徴とそれに合わせた淹れ方、ラテアート
  • コーヒーカップの選び方
  • マーケティングの基礎知識
  • 資金と費用の知識
  • 店舗の内装と接客サービス
  • 開業する際の必要書類

開業するにあたり、カフェオーナー資格は必須というわけではありません。

しかし、取得によって商品知識と必要な実務能力が身につき、自信を持って開業出来るようになり、経営の様々な場面で役立てられ、効率的な経営が可能になります。

喫茶店やカフェの経営・運営を学ぶ

カフェ経営は、コーヒーの知識だけではうまくいきません。

実際に運営していくための様々な知識をみにつける必要があります。

喫茶店・カフェの開業に必要なこと

店舗を開業するとなれば、事業計画書の用意や事業資金の調達などの準備が必要です。

他にも申請書類を提出し、開業の手続きをしていくことになります。

カフェを開業するには、事業を行うための実務能力を身につけることが重要です。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

開業する際は、開業までのスケジュールを立てたうえで、何をどの手順で行うかを事前に調べておき、着実に準備を進めましょう。

喫茶店・カフェの経営・運営に必要なこと

開業後は売上や商品管理など、お店を継続させるために様々な知識が必要になります。その中でもマーケティング知識に関する知識が最も重要となります。

マーケティングとは、商品の市場調査から製造・販売・宣伝までの全過程に渡り、商品が効率的に多く売れるようにするための活動を言います。

カフェオーナーの場合は、店舗の売上を増やすために、開業時の立地選定やメニュー作り、広告の打ち方等を指します。

長く愛されるお店にするには、売上を増やし、収支を安定させなくてはなりません。

そのために、オーナーが店舗の経営方針を決め、総合的な立場からお店を運営していくことが非常に重要な要素となります。

お店の場所探しやインテリアも習得

お店の場所探しやインテリアも習得

店舗経営に伴う、見逃されがちな知識もあります。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

これらもしっかりと身に着けていきます。

知っておきたい!お店の立地について

カフェを開店するために、まず開業する立地や場所を探しましょう。同じ都内であっても区によって家賃の相場が異なります。

また、家賃は固定費として発生するため、どこにカフェをオープンするかで毎月の経費も変わってきます。

場所を決めるときは客層も大事な条件の1つ。例えば大学の近くであれば、学生が多く来店し、住宅街の中に開店すると、家族連れや主婦の方がメインの客層になるでしょう。

どの客層にターゲットを絞るかによって、お店のコンセプト作りが左右されます。

インテリアの選び方

インテリアを選ぶポイントは「コンセプト」と「テーマ」の2つです。

コンセプトについては、ターゲットを誰に設定するかがとても重要です。

例えばターゲットを家族連れとした場合、お子さんのためのインテリアを設置しましょう。

キッズスペースを設けたり、お子様でも座りやすいソファーを置いたりなどの工夫によって、家族連れの来店を促すことにつながり、イメージ通り家族連れの来店客を増やす結果を見込めます。

次はお店にテーマを設定しましょう。北欧風や純喫茶風など、お店にテーマを設定することで、それに合わせた照明や家具を選ぶことによって、他店と差別化が図れます。

店舗のテーマがユニークであれば、そのテーマに興味を持った客が来店し、長く愛されるお店になります。

今回はカフェオーナーになるために必要なスキルや情報をご紹介しました。上記の内容をもってしても、実際開業した後に予定外のことが起こる可能性もあります。

その場合に備えて、カフェオーナー資格について学ぶといいでしょう。

カフェオーナーに関する資格は主に2つあります。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

資格検定試験を通して、経営に必要な知識やスキルを身につけることをおすすめします。

美味しいコーヒーを楽しむためのスキルを認定する試験です。淹れ方だけでなく、コーヒーの歴史や、ラテアートのやり方、コーヒーカップの知識も問われるため、コーヒーに関する総合的な知識が身につきます。

カフェオーナーの知識と、実務で活用できるスキルを認定する試験です。経費や売上管理だけでなく、マーケティングに則した内装や顧客サービス等、店舗全体の運営に関することが出題されます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる