リンパケア資格

美容効果もあるため注目されている資格です!

リンパは美容と健康に深く関わるものなので、女性を中心に関心が高まっています。リンパケア資格は余計な水分や老廃物を排出してくれるリンパの流れをスムーズにする為の手法を学べる資格です。

前向きさん

より詳細な内容は資格公式サイトをご確認ください。

目次

リンパケア資格で学べること

リンパケアには、リンパケアセラピストやむくみ改善インストラクターといった資格があります。

これらの資格は、下記について学習して習得できたと認められると得られるものです。

  • 身体の基礎知識やリンパの流れが悪くなる原因
  • リンパの流れが悪くなることによる悪影響
  • リンパの流れを良くする効果的なリンパケアのやり方
  • リンパの流れをよくする食材などに関する知識
前向きさん

詳しく見ていきましょう。

リンパとリンパケアとは

リンパは身体全身にあり、リンパの状態が悪化すると体調が乱れるものです。

リンパは、リンパ管とリンパ性器官であるリンパ節、扁桃、胸腺、膵臓からなります。

それらを総称したリンパ系のことを、俗にいう“リンパ”と表現します。

リンパの循環について

リンパはどういう風な役割があり、どうやって流れているのか?

簡単に説明していきます。

人間の血液が流れている毛細血管の中には、血液以外にも、間質液といった細胞と細胞の周囲にある液が流れています。

この間質液と血液の間では、様々な物質の交換が行われています。

間質液のほとんどは濾過されたり、必要な物質の交換をしたりした後に再び血中に戻っていきますが、すべてが戻るわけではなく、残りはリンパ管に吸収されて、リンパになります。

リンパ管というのは毛細血管に比べ、比較的大きな隙間が空いているため、タンパク質や脂肪などの大きな分子をはじめ、体内に侵入した細菌などの異物を、間質液から運び去るという役割を担っています。

リンパ管のところにはリンパ節という小さな丸い箇所がいくつもあり、ここで老廃物など悪いものを取り除いて、血液に入るのを防いでくれています。

前向きさん

特にリンパ節は首周りや腋窩、股関節の付け根などに多く存在しています。

リンパケアの重要性

上記で述べたように、リンパ節はリンパ中の細菌や異物を取り除いてくれる役割があるので、非常に重要です。

ここは悪いものが蓄積されやすいため、メンテナンスをしないと詰まってきてしまいます。

リンパの流れに沿って適切な圧刺激を与えることで、流れづらい状態であっても、スムーズな流れに戻してあげられるのです。

流れが良くなると全身の血流の循環も良くなり、体温調節を行う血液は体全体を温められるようになります。

また循環が良くなることで、多くの栄養素や酸素などが各細胞に届けられ、細胞自体の活性化にも繋がります。

細胞が活性化すると、肌の色やハリが向上したり、髪の毛や爪の質も良くなり、伸びが早くなったりするなどの効果が得られるのです。

正しいリンパケアで疲れ知らずに

正しいリンパケアで疲れ知らずに

“顔や体がむくみやすい”、“毎日の疲れがなかなか取れない”などは、リンパ循環が滞ってしまっている可能性があります。

もともとリンパ液は、ゆっくりとしたスピードで全身を流れているので、日頃の運動不足や、姿勢が悪い状態が続いている、それらを原因に詰まりやすくなってしまいます。

前向きさん

普段の疲れやすい理由としてこれらが挙げられます。

  • 冷えやすい環境
  • リンパの流れの悪化
  • 低体温、手足が特に冷えやすい
  • 寝不足などの睡眠時間の減少
  • 忙しすぎて、気を張った状態が続いている

リンパは、全身に張り巡らされていて、筋肉などの動きによっても一緒に動きます。

そのため、ずっと同じ姿勢であったり、運動不足だったりすると筋肉の活動が少なくなるため、リンパの流れが悪化していくのです。

リンパ節は首周囲や脇周囲、足の付け根などに多く存在します。

前向きさん

それがわかっていると、少しの休憩時間などで肩や足、首の周りを動かしたりして流れを良くしようとする習慣も身につけられるでしょう。

食材選びでリンパの流れを改善

リンパの流れを良くするためには、食事から改善していくことがとても大事です。

リンパ循環を手助けする食べ物

豆類

豆腐、豆乳、味噌、納豆、ピーナッツ、アーモンド。

野菜

にんじん、かぼちゃ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜。

果物

レモン、グレープフルーツ、パイナップルなど主に柑橘系。

海藻類

ひじき、わかめ、昆布、海苔など。

魚介類

さば、鯵、秋刀魚、イワシなど、特に青魚がおすすめ。

普段の食事に積極的に取り入れることで、リンパを流れやすくなっていくので、試してみると良いでしょう。

リンパ循環にはおすすめできないもの

逆に、控えたほうが良いものとして、アルコールなど酒類やカフェインを多く含んだコーヒーや紅茶などがあります。

少し飲むくらいの量であれば問題ありませんが、大量に飲み過ぎてしまうと、水分が過剰に排出されてしまい、脱水状態になりやすいのです。

そうなると、リンパの循環はどんどん悪くなってしまいます。

またそれにより、疲れやすくなったり、体が冷えやすくなったりするなど、身体の不調にも繋がってしまいます。

リンパケア資格では、日常生活でのリンパケア方法や取り入れ方などだけではなく、こういった食事の知識も一緒に学べるのです。

前向きさん

美容と健康に役立てられる知識なので、一度真剣に学んで見てはいかがでしょうか?

症状別のリンパケア、リンパの流れに良い食材などの総合的な知識が身につく

リンパケアの基礎知識、日常生活に取り入れられるリンパケアなどが一通り学べる

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる