体幹コーディネーター資格

姿勢や立ち方に加え 体幹に関する情報を 正しく得られます!

体幹コーディネーターは、姿勢や良い身体のバランスについての正しい知識が認められたプロです。座る・立つなど日常の姿勢の正し方や体幹を整えるストレッチ・ヨガを自分での実践、他者への指導ができることを証明する資格です。

近年スポーツ選手がよく口にする体幹は、スポーツのみならず、健康面でも注目されています。

そんな体幹を含めた姿勢や身体のバランスに関して、プロの知識を持てるのが、体幹コーディネーターの資格です。

目次

体幹コーディネーター資格(旧:からだバランスインストラクター)が求められている理由

体幹コーディネーターは自分の健康のため、整体師やヨガ教室の講師などの職業に役立てるためにも取得されることもある資格です。

前向きさん

そして体幹コーディネーターの資格は、現代社会の環境的に需要が高い資格となっています。

猫背と骨盤の歪みを解消するには

現代社会では、長時間のデスクワークやスマホを日常的に操作することから、どうしても肩から腰にかけて負担がかかる、前のめりな姿勢(前傾姿勢)になりがちな環境です。

特に腰は身体を支える基礎部分であり、腰が歪んだ状態では、単に腰が曲がるだけではなく、身体のバランスが悪くなります。

そして、身体のバランスが悪くなると、腰痛や肩こりなどの部位へのダメージとして表れたり、筋力にも影響するので、顔の歪みを生じさせたりする可能性があります。

そんな腰の歪みを解消するには、まずは日常的に身体へ負担がかからない正しい姿勢をキープすることです。

前向きさん

一例として、スマホの持ち方の解消法を挙げてみましょう。

スマホの持ち方一例

× 背中を丸めて、首を倒した状態でスマホを持つ
〇 肩甲骨を後ろに寄せて、胸を開くようにしてスマホを持つ

これは主に猫背の予防になる持ち方で、前傾姿勢になりやすいスマホでこれを意識するだけでも予防への効果が期待できます。

一例のように、体幹コーディネーターでは、日常的な原因で起こる姿勢の乱れについて、解消できる方法を学べるようになっています。

この知識は自分の日常生活を見直せるだけでなく、整体師やヨガ講師では、他者の姿勢が正しいかを判断できる材料にもなります。

前向きさん

もちろん、体幹コーディネーター専門の講師として、スクールを開講することも可能です。

正しい立ち方・歩き方

体幹コーディネーターでは、デスクワークのような座った姿勢以外では、正しい立ち方や歩き方についても学べるようになっています。

立ち方については、前傾姿勢やその逆の反った姿勢のような崩れた姿勢のままでは、長時間立っている際の疲れ方が大きく変わってきます。

正しく立った姿勢は背筋が伸びた状態ですが、その状態にするためにはお尻の筋肉である大臀筋を意識することが大事です。

大殿筋を意識して肛門を閉める形を取ると、自然と背筋や膝が伸びた状態になり、正しい姿勢を保てます。

歩き方についても正しい姿勢でないと、余計に疲れてしまい、それが原因で歩くことが億劫になり、筋力が低下してしまう可能性があります。

前向きさん

正しい歩き方は簡単に書くと以下のようになります。

  • 背筋と膝は伸ばした状態
  • 腕は自然に振る(強く振りすぎない)
  • 足を着く時はかかとから入る

立ち方と同じく背筋と膝は伸びている方が良い状態で、リラックスした自然な状態が理想の歩き方です。

自分では楽にしているつもりでも、それは自分が楽だと思い込んでいる立ち方や歩き方に過ぎず、気づかずに負担がかかっていることは多いのです。

立ち仕事や移動の多い仕事で、身体が疲れやすいと感じている人も、体幹コーディネーターの知識を得ることで、新しい発見ができる可能性があります。

ヨガやストレッチを取り入れた方法も

体幹コーディネーターでは猫背や立ち方などの姿勢について、ヨガやストレッチを用いて解消していく方法も学べるようになっています。

ストレッチは仕事場でもできる簡単な動きから、時間のある時にしっかりやる動きまで様々な種類があります。

既に前傾姿勢になってしまった人も、ストレッチをすることで筋肉がほぐれ、歪みの解消や正しい姿勢に治していけるのです。

そして、正しい姿勢のキープにはある程度の筋肉が必要であり、ストレッチを継続していくと、その筋肉が鍛えられる効果もあります。

前向きさん

一方、ヨガは体幹を鍛える方法の一つと耳にしたことがある人もいると思います。

ヨガは呼吸をしつつポーズを取ることで、心身を落ち着けること、普段は使われないインナーマッスルを鍛えることなど、色々な効果が得られるものです。

インナーマッスルは体幹を含む深層筋のことであり、ストレッチとはまた違った効果が期待できます。

ヨガやストレッチは独学で学ぼうとすると、テレビやネットなどの情報の多さに、正しい知識を選択するのが難しいものです。

体幹コーディネーターで学ぶことによって、効果的なストレッチやヨガがわかるだけでなく、姿勢や立ち方の知識と合わせて、新しい情報が正しいかについても、適切に判断できるようになります。

さいごに

体幹コーディネーターの資格は、現代社会でなりやすい前傾姿勢などの姿勢の歪みを解消する方法や普段の正しい立ち方や歩き方について、知識を得られる資格です。

資格の価値としては、整体師や講師でなければ活かせないものではなく、自分の身体を見直したい人や家族のために知識を身につけたい人が、生涯に渡って活かせるものです。

持っていることで損はしない資格なので、この記事で興味を引く項目があった人は、ぜひ資格の取得に挑戦してみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる