コーヒーソムリエ資格

コーヒーに関する知識を網羅でき、 お店や商品開発で活躍できます!

特にほっと一息つきたい日には平日、週末問わずに美味しいコーヒーから1日をスタートさせるという方も多いのではないでしょうか。

おうちでこだわりのコーヒーメーカーを使ってコーヒーブレイクを楽しむ時間を大切にしているコーヒーライフを楽しむ声は少なくありません。

前向きさん

そこで趣味と好奇心につながっている資格として老若男女問わず注目されているのが、「コーヒーソムリエ」関連の資格です。

「ソムリエ」という響きから今日でもワインのイメージがとても強いですが、最近では資格ブームで朝からシーンを問うことなく楽しめるコーヒーに関する資格取得を目指す方が増えています。

目次

コーヒーソムリエ資格で学べること

コーヒー通が知りたい知識を網羅

日本の緑茶は日本ならではの飲み物ですが、コーヒーの場合は話が多く異なり、エリアを問うことなく世界各国で日々愛されています。

世界のあらゆる国でというのはもちろんのこと、日本にお住まいの日本人の方のあいだでも、特にコーヒーやコーヒー豆を使用しているコーヒー飲料へのこだわりは強いという方は珍しくありません。

コーヒーには、ワールドワイドに愛されて続けてきている嗜好品という大きな特徴があります。

そのため、コーヒーにこだわる人はかなりこだわって味わいたい飲み物と言えるでしょう。

それだけコーヒーについての知識をもっと専門的に深めていきたいと考える日本人も多く、この嗜好品として定着しているコーヒーについての資格はたくさん存在しています。

大手のコーヒーショップに足を運ぶと、あらゆる種類のコーヒー豆を使ったメニューが並んでいることもよくあります。

それは、コーヒーにはさまざまな種類のコーヒー豆があり、その一つ一つの特徴が異なっていて個性があるからという一面が影響しているからと言えるでしょう。

コーヒーの飲み比べやコーヒーショップ巡りを楽しんでいるうちに、自分自身のコーヒーに関する知識やスキルの証明として資格を取得したいというニーズはますます高まっています。

前向きさん

年齢や性別、職業等を問わず、コーヒーソムリエの資格を受検する人も増加しているのです。

コーヒー飲料やカフェメニューに強くなる

強みを生かした働き方も可能

前向きさん

コーヒーソムリエならではのコーヒーの知識、それをいかんなく発揮して働きたいという方も多いようです。

実際にコーヒーソムリエの資格を取得することで、コーヒー飲料やカフェに並べるメニューについての知識が強みとして活用できるようになります。

そこで定番の職場と言えば、コーヒーの専門ショップです。また、コーヒーショップとなるとかなり限定されてくるものの、カフェや喫茶店といった飲食業界での職場でも活躍が期待される存在です。

コーヒーソムリエの資格を保有しているというだけで、お店に訪れて来るお客様に対してコーヒー1杯をおいしく淹れて振舞う時間が求められます。

そこでコーヒー機材の使い方やブレンドの知識を教えながらコーヒーを通じてのコミュニケーションが活発となることから、コーヒーと合わせて人付き合いが好きな人に向いている仕事です。

コーヒーの基本から応用まで

コーヒー関連知識を網羅

前向きさん

コーヒーソムリエの資格を取得するための試験範囲は、かなり多岐にわたります。

出題範囲はコーヒーの今日までの歴史、主な種類や産地や種類、コーヒー豆との相性や生豆の選別方法、さらにはコーヒーの焙煎や淹れ方、味といった基本的な知識が網羅されています。

さらに、コーヒー飲料としてだけではなく、コーヒーカップの種類やここ数年で日本でも急速に注目されるようになってきた、ラテアートといった知識も、合わせて学習する必要があります。

コーヒーソムリエの資格で得た知識を活かし、お店に訪れて来るお客様に対してコーヒー1杯をおいしく淹れて振舞う時間は、お客様にとっても至極のときです。

コーヒー機材の使い方やブレンドの知識を教える等、コーヒーを通じてのコミュニケーションを楽しめたり、指導も出来たりするのもこの資格の魅力です。

また、飲料メーカーではほとんどがコーヒー関連商品を取り扱っていることから、コーヒーソムリエの知識を活用して業務に活かせるのも良いですよね。

季節のメニューや看板メニューづくりにも

季節のメニューや看板メニューづくりにも

メニュー開発者として活躍

コーヒーソムリエの資格を保有して活用できる仕事現場は、コーヒーを楽しむお客様に直接お会いする店舗だけではありません。

コーヒー飲料を取り扱っている多くの飲料品メーカーの場合、限られた予算の範囲でいかに大量の製品を流通させられるかが重要な課題です。

そこで、コーヒーソムリエは味を維持してコストを下げるためのブレンド方法や、最上級の高級志向層向けの商品開発能力を生かせる立場です。

コーヒーショップにおいても飲料メーカーにおいても、季節やトレンドに合わせた商品開発に関わることで、看板メニューの生みの親として活躍しているコーヒーソムリエもいらっしゃいます。

そんなしっかりとした知識の裏付けのある、コーヒーソムリエを目指しませんか?

前向きさん

コーヒーソムリエ関連資格では以下の資格がおすすめです。

コーヒーの豆や種類、産地、焙煎や良質な生豆の選び方等、一般の方でもコーヒーを選ぶ楽しみにつながる知識を修得できます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる