カラーアドバイザー資格

専門的に学べるのはもちろん アドバイザーとして企業でも 活かせる資格です!

私たちはたくさんの色に囲まれて生活しています。それぞれの色はその色の持つ特性があり、その効果は人間の心理的効果にも影響しています。この記事では、カラーアドバイザー資格で身につけられる学習内容を、少し詳しくまとめています。

前向きさん

より詳細な内容は資格公式サイトをご確認ください。

目次

カラーアドバイザー資格で学べること

カラーアドバイザーの仕事はそれぞれの色の持つ特性を理解し、その場面に最も適している配色やデザインをアドバイスすることです。

カラーアドバイザー資格で学べることは、大きく分けて下記の3つの項目です。

  • 色の提案と助言に必須のスキル
  • 色を的確に伝えるために必要なこと
  • ファッション・インテリアにも生かせる知識
前向きさん

1つ1つ詳しく見ていきます。

色の提案と助言に必須のスキル

この資格の習得によって学べることとして、1つ目は色の提案と助言に必須なスキルです。

人間は全体の90%の情報を視覚から得ています。そのため色が私たちに与える影響はとても大きく重要です。

街中にあふれる商品や広告などに使われている色は、その色の持つ特性や心理的効果を利用して使われています。

一般的に赤は活力や興奮などの効果があります。

購買意欲をかき立てる効果があるので、商品のパッケージやお店のpopなどに使用されます。

青は冷静や落ち着きなどの作用があります。

信頼を表す効果があるので、企業の広告やサイトで見ることが多いです。

緑は癒しや安心、健康ヘルシーなどのイメージ効果があります。

健康食品や癒しを目的とした商品に使用されます。

前向きさん

このような色の持つ特性、効果、その色が与える心理的効果の基本を身につられるようになっています。

色を的確に伝えるために必要なこと

2つ目に学べることは、色を的確に伝えるために必要なことです。

ひとえに色といっても、人によって色の濃さや明るさなどの表現は異なります。

赤を例にあげると、濃い赤とはワインのような赤を想像する人、オレンジに近い赤を想像する人など、受け止める印象は人によって差があります。

このようにあいまいな表現では、的確に色に関する正確な情報は伝えられせん。

カラーアドバイザー資格では、色彩学・色彩化学に基づいた知識を体系的に学べるようになっています。

色の論理的な知識を得ることで、企業での商品開発、広告業界では広報として、より多くの売り上げを上げることに貢献できます。

またファッション業界では、お客様に合う商品の提案や、インテリア業界では快適な空間を演出などにも応用されます。

前向きさん

色の特性や効果を学ぶことでファッションや、建築、広告、食品業界など幅広い分野で活躍出来るようになるでしょう。

ファッション・インテリアにも生かせる知識

3つ目に学べることは、ファッション・インテリアにも生かせる知識です。

人にはそれぞれ、パーソナルカラーがあります。パーソナルカラーとは、その人が生まれ持った肌の色や髪の色、目の色と雰囲気が合う色のことです。

なんとなく好きな色だけど、本当に自分に似合っている色か分からないという人は多いです。

その色が持つ特性を知り、パーソナルカラーを知ることで、その人に合った色が提案出来るようになります。

色が持つ効果やパーソナルカラーを取り入れると、その人の本来の魅力が引き出されるので、メイクやネイルにも生かせるようになるのです。

また、お部屋のインテリアにも色の心理的効果は活躍します。

白は部屋を広く見せてくれたり、青は気持ちを落ち着かせてくれたりなど、色々な効果があります。

落ち着いた部屋にしたいときは、ベージュなどが適しています。

前向きさん

私生活でも自分に合った色が選べるようになり、プライベートでも利用場面は意外に多いのです。

受験料は?申し込み方法や受験頻度は?

カラーアドバイザー資格の試験は、2か月に一回の頻度で開催され、誰でも受験出来るように門戸が開かれています。

受験申請はインターネットで申し込み期間内に受け付けています。

受験料は10000円で、自宅で受験が受けられる手軽さも魅力です。

前向きさん

70%以上の正解率で合格となります。

カラーアドバイザー資格は役に立つ資格であるか

カラーアドバイザー資格は役に立つ資格であるか

色に関わる仕事をするために、必ずカラーアドバイザーの資格を取得しなければいけないということはありません。

しかし、カラーアドバイザー資格を取得することで、理論に基づいた色の知識が身につくので、的確なアドバイスができるようになります。

そして資格を取得することで色に関する論理的な知識があることが証明できます。仕事をする上での自信にもつながるでしょう。

前向きさん

色は私たちの生活と切っても切れない関係です。

そのため、活動の分野はファッションやインテリア、建築、広告、食品業界など多岐にわたります。

また、カラーアドバイザー資格はインテリアコーディネーターなど、他の資格とくみ合わせることによって、活動の場がさらに広がります。

これらのことから、カラーアドバイザー資格は、身の回りにある色に関する専門的な知識を学べるだけでなく、アドバイザーとして企業でも生かせる資格と言えるでしょう。

また講師として、自宅でサロンを開く、カルチャーセンターなどで活躍する、などの資格の活かし方もあります。

カラーアドバイザー資格を取得によって、幅広い活躍ができるようになるので、ご自身のスキルアップのための選択肢として検討してみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる