メンタル心理ヘルスカウンセラー資格

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格は、心理学の知識を十分に習得し、心理カウンセラーとして実際に活動できるレベルに至っている事を認定する資格です。

現代社会でストレスを抱える自分や家族をセルフケアしたい方にも注目され、この記事ではメンタル心理ヘルスカウンセラー資格取得で身につけられる学習内容を少し詳しくまとめています。

より詳細な内容は資格公式サイトをご確認ください。

目次

メンタル心理ヘルスカウンセラー資格で学べること

メンタル心理ヘルスカウンセラー資格で学べることは、大きく分けて下記の3つの項目です。

学習項目
  • 心理学の基礎から症状・症例
  • 症状別治療法とカウンセリング手法
  • 回復までに必要なことや各種回復法

1つ1つ詳しく見ていきます。

心理学の基礎から症状・症例

この資格の習得によって学べることとして、1つ目は心理学の基礎や症例・症状です。

精神的に不安定もしくはうつ状態になってしまった患者さんの状態を知る為の基礎知識をはじめとして、なぜ発症してしまったか発症の原因を追究していく方法を理解していきます。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

症状のタイプは多岐に渡りますが、ここでは参考に代表的な心理性ストレスの症状や要因をご紹介していきます。

代表的なストレス症状要因
心理性ストレス倦怠感が持続する・めまい・たちくらみ・耳の閉塞感・ドライマウス・食欲不振・興奮しやすい・暴力的 等思春期や青年期によるストレス・環境の変化によるストレス・不規則な生活習慣によるホルモンの乱れ 等

上記のようにストレス別に症状や要因を理解していきます。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

カウンセラーとしての基礎から実際の症例・対処法を幅広く学べるので、心理学の知識がより深くなるでしょう。

症状別治療法とカウンセリング手法

次に学べることの2点目として、症状別で効果的な治療法の種類やカウンセリングの手法についてです。

うつ病などの治療は通院もしくは入院にて行う事が一般的で、その治療法には「内部的治療法」と「外部的治療法」の2種類があります。

外部的治療法の代表例を挙げると、マッサージをはじめとした理学療法や抗不安薬を用いた治療です。

一方で内部的治療法は、社会生活を正常に行うための技能訓練や精神療法・表現療法が該当します。

更に、カウンセラーとして実力を発揮する為には知識のみでなく「傾聴力」も求められます。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

知識ばかりあっても、患者さんとのしっかりとしたリスニングが出来ていないと適切な治療法を提案できません。

治療法を学び、患者さんの症状としっかりと照らし合わせ適切なカウンセリング手法を提案する力を身につけましょう。

回復までに必要なことや各種回復法

学べることとして挙げるものの最後として、回復までに患者にとって必要なことや回復法について解説していきます。

ここでは主に、患者さんが正常に日常生活を送る為に必要な事を学びます。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

具体的にどのような事を学ぶのかまとめてみました。

学習内容
  • 生活改善
  • ストレスと付き合っていく方法
  • 運動不足の改善
  • 感情を上手く開放する方法
  • リラクゼーションするためのコツや方法

上記で挙げた項目は、ストレスと向き合う・ストレスを溜めない方法を教える事がメインですが、患者さんを現実的な方法で社会復帰に導く制度についても学んでいきます。

その為、復学・復職をはじめとした支援や、結婚や国からの支援を受ける制度が提案できるようになります。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

この知識は仕事のみではなく、日常生活でも活用できる知識なので知っておいて損はない知識でしょう。

独学で試験を合格する為には

独学でメンタル心理ヘルスカウンセラー資格を独学で合格するためには

最後に、メンタル心理ヘルスカウンセラー試験に独学で合格する方法について解説して終わります。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

結論から先に申し上げると、メンタル心理ヘルスカウンセラー資格を独学での取得はおすすめできません。

理由としましては、大きく分けて下記の2点です。

独学がおすすめできない理由
  • 独学では時間がかかりすぎてしまう
  • お金がかかる

1点目の理由は独学では時間がかかりすぎてしまうという点です。

メンタル心理へ資格は、一般的ヘルスカウンセラーに最短2か月で合格可能と言われています。

しかし、それは適切なテキストを用いて効率よく学習した場合の期間であり、独学で書店などの参考書を用いて勉強した場合には2か月以上の時間が必要なケースが大半です。

初めから自分で選択したテキストが自分に合った最良のものであれば良いのですが、意外に自分に合ったテキストを見つけるのは難しいものがあり、独学では時間の多くを無駄にしてしまうことが考えられます。

2点目の理由は、独学ではお金がかかりすぎてしまうという点です。

「独学にしたい!」と考えている方の大半が、教材費の軽減の為に独学を選択しているかと思いますが、実はそれは大間違いです。

書店で購入する参考書1冊で見たら数千円程度で一見、通信講座よりお買い得に思えますが、1冊のみでは膨大なメンタル心理ヘルスカウンセラー試験に必要な知識は、十分には得られません。

必要な知識を全て得るために参考書数冊・テキスト数冊を購入すると、結果的に独学の方が、出費がかさんでしまうというのは良くある話です。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

上記の理由から、メンタル心理ヘルスカウンセラー資格の取得は独学ではない方が良いでしょう。

当記事では、メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格についてまとめていきました。

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格を取得することによって、転職や仕事のキャリアアップを目指せるのみでなく、家族の感情の変化に気づく・自分の感情をコントロールしやすくなるなど、メリットが盛りだくさんです。

前向きさんのアイコン画像前向きさん

当記事を参考に、メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格取得にチャレンジしてみては如何でしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる