音楽療法資格

音楽療法は音楽が人の心理に与える良い影響に注目した療法の事で、ストレス社会に生きる大人や、思春期の子供の心の健康維持に効果があると注目されています。今回は、そんな音楽療法について深く学べる音楽療法の資格について解説していきます。

前向きさん

現在、医療関係のお仕事に携わっている方やこれから携わりたいという方は、是非当記事を参考にしてみてください。

目次

音楽療法資格とは

はじめに、音楽療法について詳しく知らない方の為に簡単に音楽療法について概要を解説していきます。

音楽療法とは、精神的に不安定な方・精神疾患を抱えている方・発達障害を持った方を音楽で治療する療法の事で、前向きな気持ちや心を穏やかにする効果が期待できます。

療法の際には、カウンセラー自身が楽器を演奏したり、歌を歌ったりする事もあり、患者さんに実際に音楽と触れ合う楽しさを知ってもらう事が大切です。

当記事では音楽療法資格とひとくくりに解説していますが、実際に音楽療法資格という資格がある訳ではなく、音楽を用いた療法の総称として音楽療法資格と呼んでいます。

代表的な音楽療法の資格を挙げると「音楽療法カウンセラー」や「メンタル心理ミュージックアドバイザー」が有名です。

これらの資格は通信講座の学習で取得が可能な資格で、医療現場をはじめとした多くの職場で活躍しています。

現在、音楽療法資格を取得して転職やスキルアップを検討されている方は是非「音楽療法カウンセラー」や「メンタル心理ミュージックアドバイザー」の資格の取得を検討してみましょう。

音楽療法資格が求められている理由

続いてなぜ音楽療法資格が求められているのか、その理由を見ていきます。

細かく分けると様々な理由がありますが、大きく分けると下記の2点の理由があるからです。

  • 音楽の癒し効果は想像以上に高い為
  • 目立たないが需要のあるスキルである為
前向きさん

それぞれ見ていきましょう。

音楽の癒やし効果は想像以上に高い

音楽の癒やし効果は想像以上に高い

1点目の理由は、音楽の癒し効果は私たちが想像する以上に、とても高いという理由です。

上の項でも軽く説明させて頂きましたが、音楽には脳をリラックスさせる効果やヒーリング効果があります。

皆さんも、疲れている際や思い悩んでいる際に、好きな音楽を聴いたり、カラオケで思いっきり歌ったりすると「少しリラックスできた」「ストレスが発散した」という経験はあるのではないでしょうか。

この事からも解るように、音楽は日常生活で聞くのみでもリラックス効果は充分に期待できます。

更に、これに音楽療法の知識を加えることで、実際に医療の場でリハビリに用いられる程の癒し効果を発揮するのです。

つまり、音楽療法についてしっかりと学習することにより、自分自身のメンタルセルフケアは勿論の事、疲れている家族や思春期の子供のメンタルケアまで出来るようになります。

前向きさん

このような理由から、音楽療法資格の人気が高まっているのでしょう。

目立たないが需要があるスキルである

2点目の理由は、音楽療法資格は需要が高いからです。

前向きさん

音楽療法資格を取得すると、下記の職業への転職やスキルアップが目指せます。

《音楽療法資格が活かせる仕事一覧》

音楽療法士

音楽を用いて患者さんお心身の問題を改善する仕事。介護現場や病院などで活躍できる。

精神科医

患者さんの心に寄り添って悩みの解消をしていく仕事。精神科医のスキルに加えて音楽療法資格を得る事により多方面からのケアが期待できる。

メンタル心理ミュージックアドバイザー

音楽と心をリンクさせて、患者さんに適した音楽療法を勧めるアドバイザー。

上記の仕事は業務内容の違いはありますが、いずれもカウンセリングなどにより、相手の心理状態を改善したり、心身ともに健全な通常生活に戻る為の手助けをしたりする仕事です。

音楽をただの娯楽の1つとして終わらせるのではなく、1つのリハビリである事をしっかりと患者さんに伝え、音楽療法資格で学んだ癒しの効果をかみ砕いて解りやすく説明していきます。

昨今では、音楽療法は認知症にまで効果が期待できる療法だと言われており、今後更に高齢化社会になっていく日本では非常に需要が高い仕事になっていくでしょう。

また、まだまだ取得者が少ない資格なので資格取得後は自宅でスクールを開設する・講師として活躍するなどの様々な選択肢を持てますよ。

音楽療法資格は独学で合格可能か

最後に、音楽療法資格は独学でも合格可能かどうかを解説しておわります。

結論としては、音楽療法資格は独学でも合格可能です。

しかし、音楽療法資格は音楽の知識に加えて、心理学に関わる知識も深く学習する必要があります。

この為、独学での受験は非常に時間がかかります。

勉強の為にいくらでも時間をさけるという生活スタイルでないのであれば問題はないのかもしれませんが、働きながらのスキルアップや、子育て中の資格取得として音楽療法資格を取得しようと検討されているのであれば、独学はおすすめできません。

家族や自分の為と思って取得しようとした音楽療法資格で、自分の生活が一杯一杯になりメンタルの調子を崩してしまっては元も子も無いので、音楽療法資格の学習は通信講座のテキストを用いて効率よく行いましょう。

前向きさん

当記事では、音楽療法資格について解説していきました。

音楽療法資格は、自分や大切な家族のメンタルケア方法が学べるだけではなく、医療の現場への転職・スキルアップに非常に役に立つ資格です。

特に「音楽療法カウンセラー」や「メンタル心理ミュージックアドバイザー」は今後更に需要の高まっていく資格なので、是非今のうちにこれらの音楽療法資格を取得しておきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる