手芸アドバイザー資格

幅広い年代が教わり たいと望んでいる 需要の高い資格です。

手芸アドバイザーは、手芸に関する知識や技術を理解していることが認定され、自宅やカルチャースクールなどで講師として活動ができる資格です。多くの年代が楽しんでいる手芸は、教えてもらいたいと望んでいる方が沢山いるのです。

前向きさん

この記事では手芸アドバイザー資格についてまとめています。

目次

手芸アドバイザー資格が求められている理由

手芸を趣味として始める方は、手芸に関する書籍を購入したり、インターネットで情報を収集したり、身近な詳しい人に教えてもらうでしょう。

また、手芸店では必要な材料がそろったキットが販売されており、初心者でも手芸を楽しめるようになっています。

しかし、手芸には、裁縫や刺繍や編み物などがありますが、文字や写真だけでは理解できない作業に直面する場面が多々あります

挫折を感じて途中で手芸に飽きて辞めてしまう人もいるでしょう。そんな時、手芸に関する知識や技術がある方に、直接教えてもらいと考える人は多く存在しています。

初心者から、中級者や上級者になって、自分が作った作品を販売したいと望んでいる人もいるのです。

人に教えるだけでなく、手芸アドバイザー資格の取得によって、自身の技術の証明、創作物の価値が上がる、手芸に関する就職に有利になるメリットがあります。

裁縫、刺繍、編み物メインの講座

手芸アドバイザー資格は、裁縫や刺繍、編み物などで創作物を作る知識や技能をもっていることを証明する資格です。

前向きさん

手芸アドバイザー資格の試験内容は以下の通りになります。

糸ラベルの見方、クラフト製作でよく使用する糸の種類、ウール糸、モヘア糸、アンゴラ糸、アルパカ糸、アクリル糸、コットン糸、装飾用糸の取扱い注意点
用具、基礎知識と銀面の下処理方法、床面・コバの下処理方法
作業方法糸の通し方・長さ、菱目打ちの方法、ステッチのかけ方、革のお手入れ方法について
作業方法大切な作品をフェルト化させないポイント、天然素材と合成繊維を上手に使い分けよう
その他ハンドメイド作品の販売について、コースター、ランチョンマット、アクリルたわし、鍋敷き、My箸ケース、お弁当バッグ、ペットボトルケース、ワインバッグ、ミトン、エプロン(オール)、エプロン(ハーフ

在宅受験で、合格基準は70%以上の評価です。上記の表の内容の理解が必要になります。
インターネットからの申込で、受験料は10,000円となります。

手芸教室の先生になりたい方向け

手芸教室の先生になりたい方は、手芸に関する幅広い知識と、正確なアドバイスができる技能が必要になります。

自宅を手芸教室として開設したい方、多くの生徒に指導したい方、カルチャースクールを開設したい方などさまざまでしょう。

手芸教室の先生の仕事

手芸教室の先生の仕事は、裁縫では、針や糸の種類や、使い方、ミシンの使い方や採寸、生地の裁断方法など多岐にわたります。

編み物では、毛糸の種類やかぎ針の種類、多用な編み方など、総合的な知識を技術がもとめられているのです。

生徒のレベルに合わせた指導

生徒のレベルに合わせた指導も大切になります。手芸は、材料や道具など作りたいものによって、選ぶものが変化します。

初心者にとっては、分からないことだらけです。初心者には初心者向けのアドバイスが必要になり、中級者には、段階に合わせた教え方をしないと生徒さんは離れていってしまいます。

手芸アドバイザー資格を取得していると、手芸に使用する材料について知識から、作業方法など総合的な知識と技術があるので、基礎的なことも分かり安いように生徒さんに伝えられるようになります。

前向きさん

初心者が挫折を感じさせないように指導することは、手芸教室の先生を行なう上でとても大切なことです。

手芸を教える時に箔が付く資格

手芸を習いたい人は、技術のある人から教えてもらいたいはずです。教える方も、自信をもって教えることが理想です。そのためにも、資格があることで箔が付き、堂々と生徒を募集出来ることになります。

教える技術の証明

前向きさん

手芸アドバイザー資格は、手芸に関する知識と技能を教える技能をもっていることを証明しています。

手芸を人に教えるためには、必ず資格が必要というわけではありません。しかし、手芸アドバイザー資格を取得することで、自分自身の知識の補強にもなり、生徒さんも安心感がもてるため、手芸を教えるために有効な資格になります。

自己アピールに役立つ

手芸教室やカルチャースクール、講師活動や制作指導を行いたい時は、自分の経歴や実績をアピールする必要性があります。

洋裁や縫製に関係する学校を卒業しても、必ずしも手芸を人に教える能力があるとは限りません。知識や技術のない人に、分かり安く丁寧に教える必要があるからです。

人に教えることにフォーカスした手芸アドバイザーは、箔が付くことはもちろん、取得によって、就職や手芸に関する活動に効果的な資格と言えます。

せっかくの技術やセンスがあるのに、生徒さんを集客することに困っている方にもおすすめの資格です。経験や実績を最大限生かすためにも、手芸アドバイザーの資格は必要でしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる