幼児食マイスター資格

幼児食マイスターとは、子供の成長速度に合わせて、栄養バランスを考えた献立を作成する知識を持ち、離乳食から幼児食にする時期や食材などの知識を持つプロに与えられる資格です。

幼児食マイスターは、子供の食事で悩む人のサポートや、幼児食を開発する企業の商品開発などに関るなど、幅広い場面で活躍が期待されます。

前向きさん

子供の食育に関して意識の高まりからも活躍できる資格でもあり人気が高まっています。

目次

幼児食マイスター資格で学べること

幼児食マイスターは食事を通し、幼児の健全な成長発達に携わっていく場面でその知識が生かされます。

資格を生かせる場面はたくさんある

幼児食を作るメーカーでの業務や、仕事や家事で忙しく、子供の食事に手が回らないという保護者のサポートの役割などの場面でも活躍します。

食育への知識を得る

さらに現在では、子供達の食事への意識は高まりつつあり、食育に関しては家庭も気をつけている部分でもあります。

そのため、幼児食マイスターの資格を得ることで、仕事として生かすことはもちろん、実際に自身の子供の食事に対する知識を深められるのです。

赤ちゃんから幼児食へ、大人へと移行する大切な時期に必要な知識を身につけられる資格でもあり、活用できる場所は多種多様になっています。

幼児食マイスター資格で学べる3つのこと

幼児食マイスター資格で学べることは、大きく分けて下記の3点です。

  • 幼児食作りをもっと本格的に
  • 効率的で安全な食事作りに生かせる
  • 赤ちゃんの健康維持と成長に備える
前向きさん

それぞれ見ていきましょう。

幼児食作りをもっと本格的に

幼児食マイスターの資格は、幼児食の作り方をより実践で使える作り方を学べるようになっています。

噛む力や飲み込む力の習得を支援

赤ちゃんはいきなり大人と同じ食事ができるわけではありません。

ミルクや母乳で育った赤ちゃんは、大人のように固形の物も食べられるようにするために、幼児食を通して練習していく必要があります。

幼児食を食べることで、飲み込む力や噛む力の発達を促していきます。

幼児食では、食事の動作の練習や、いろいろな食材に慣れる、経験することで偏食を防ぐ意味合いがあります。

偏食を防ぐ方法を習得する

幼児食マイスターは、幼児が無理なく大人と同じ食事に移行できるサポートや、偏食を防ぐためのアドバイスをするために、より本格的な幼児食の作り方を学びます。

また幼児期から、いろいろな食材に慣れておくことで、偏食を防ぐという役割もあります。

前向きさん

どうしたら子供が喜んで食事を楽しめるのか、その環境や作り方などが学べるので、子供の食の場面で生きる知識となるでしょう。

効率的で安全な食事作りに生かせる

幼児食マイスターの資格では、食品衛生法に従って清潔な環境で安心して食べられる幼児食を学びます。

実際に、保育園、児童館、放課後クラブ、放課後デイサービスなどでも、既製品を含めた簡単なおやつをどう提供できるかという知識を得ていきます。

アレルギー対応のプロフフェッショナル

また、アレルゲンとなる物質を学ぶことで、アレルギーを持つ子にどういったおやつや食事を与えていけばいいのかも学んでいくのです。

前向きさん

近年は、多種多様なアレルギーが存在しています。

そういったアレルギーを持った子供達が、アレルギーを持っていない子供達と一緒に食事をすることは、誤食や誤飲などの危険が潜んでいます。

幼児食マイスター資格では、蕁麻疹や赤み、かゆみといったアレルギー物質を摂取したことによるアナフィラキシー症状の予防や対策についても身につけ、適切に対処できるようにするために必要な知識も学んでいきます。

そのため、より安全に一緒に食事を楽しむにはどうしたらいいのか、既製品を使うのであればパッケージを確認する、手作りする場合もアレルゲンがないか注意する、といった食事に関わる周辺知識までも押さえていくのです。

赤ちゃんの健康維持と成長に備える

赤ちゃんの健康維持と成長に備える
前向きさん

幼児食マイスター資格では、赤ちゃんから大人への移行期間に必要な栄養素について学んでいきます。

健全な成長発達を促す栄養素の習得

幼児食というのは、子供の身体の基本となる土台造りとして欠かせないものであり、何より脳や神経細胞といった大人の身体になっていくのに必要な栄養素を摂取する必要があります。

幼児食マイスター資格では、子供の成長発達に必要な栄養、バランスのとれた献立作り、離乳食から幼児食への時期、幼児食に最適な食材や控えた方が良い食材などを学びます。

成長発達にあわせた食事の提供

この他にも、赤ちゃんが大人のような食事にスムーズに移行していくために、必要な方さやドロドロ感のあるものが最適なのか、といった知識も習得していきます。

一口におかゆといっても、赤ちゃんからいきなり固形に近い状態のおかゆは食べられません。

最初は、サラサラな物からスタートして、少しずつ固形に近づけていく必要があります。

その段階の中で、噛む、飲み込む、押しつぶすといった、大人がしているような食事動作を身につけていくのです。

幼児食マイスターは、そういったそれぞれ赤ちゃん個性に合わせて段階を設定して、無理なく食事を楽しめるようにするスキルを身につけていきます。

しつけの部分にもアプローチ

他にも、赤ちゃんが楽しんで食事をしていくために、手づかみ食べや遊び食べの克服に対するしつけに関してもアプローチできる知識も身につけていきます。

幼児食マイスター資格は、幼児の食事に関するプロフェッショナルであり、生活に密接した有意義な資格に他ありません。

幼児食マイスターの資格は有意義

幼児食マイスターの資格は、赤ちゃんから大人になるまでの人間にとって最も大切な時期の食事全般について、体系的な知識を持ってアドバイスをするプロフェッショナルです。

前向きさん

もちろん、企業への転職や就職に有利になるほかにも、実際の自分の子育てでも多いに役立つことは間違いありません。

幼児食マイスター資格で、幼児食のプロとして活躍できることはお分かりいただけたことでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる