食育健康アドバイザー資格

食事の改善以外にマーケティングにも関する知識が身に付きます!

食育健康アドバイザーの資格は正しい食生活や食育の知識を理解して、食育のプロとして実際に活躍できるレベルに達していると認定する資格です。

目次

食育健康アドバイザー資格で学べること

食育健康アドバイザーの資格を勉強すると、以下のことが学べるようになっています。

  • 健全な食生活を定義して実践
  • 食事やお店選びにも役立つスキル
  • 家族の健康を守るのに必須の知識

食育という言葉を聞く機会が増えましたが、実際にどんなことが学べて何に活かせるのか。

前向きさん

1つ1つご紹介していきます。

健全な食生活を定義して実践

食育健康アドバイザーの資格では、健康づくりの基礎である正しい食生活が学べるようになっています。

即実践したくなる食育の基本から、それぞれのライフスタイルに合わせた応用まで、幅広い学習内容となっています。

健康的な食生活と聞くと小難しく感じますが、食事は生活の基礎。ごく自然に食と健康に関する配慮ができる様になると、健康水準は格段にアップします。

○ メンタルの健康にも

食生活が悪化してしまうと、一緒に悪化するのは身体の具合だけではありません。
精神面の健康(メンタルバランス)にも大きく影響を与えます。

  • イライラする
  • 理由も無く憂鬱
  • 無気力無関心でやる気が出ない

これらの症状は、食生活の悪化が原因であることが多々あります。

食生活の乱れによるメンタルの不調を放置してしまうと、うつ病などの疾患を引き起こすこともあります。

体とメンタルは食生活により繋がっているのです。

メンタルバランスを健康に保つには、健康的な食生活は必須。

前向きさん

食育健康アドバイザーは、精神的にしんどさを抱えている方へのサポートも行えるようになります。

○ 不調から食材をチョイス

  • 目の下のクマが目立つ
  • 冷え性がひどい
  • お腹が緩過ぎるまたは便秘気味

体の不調を聞いて、必要な栄養素を予測し食材をオススメする。

この一連の流れも食育健康アドバイザーで学習します。

ダイエットに悩んでいる方は健康的な食生活を意識するだけで、ハードなトレーニングをしなくても体重が自然に減る事もありますよ。

サプリメントや健康食品は高額で、長期間飲み続けないとは効果は感じられません。

食育健康アドバイザーの資格で得た知識によって、スーパーで食材を購入して手軽に栄養補給が可能。

前向きさん

自然に健康でありたい、そんな方にもおススメです。

食事やお店選びにも役立つスキル

食事やお店選びにも役立つスキル

外食する時に食育健康アドバイザーで学んだ知識によって、より健康的で安全なお店を選べるようになっています。

外食したいけれど健康的なメニューのお店が良い

外食 = 体に悪いというイメージが強いですが、お店の選び方によってはとても身体に優しいものになります。

どんな宣伝文句のお店が好ましいのか、またメニューを選ぶ際はどこに注目したらよいのかが分かります。

わが国では2005年に「食育基本法」が成立しました。

アメリカでは炭酸飲料やジャンクフードなど、体に害のある食べ物を取り締まる動きが盛んです。

仕事が多忙で、単身住いの方が多い現代は外食で済ます事も多いのが事実。

そんな時に食育健康アドバイザーで学んだ知識があれば、毎日の外食も安心できますね。

お店側の立場でも役立つ
前向きさん

食育健康アドバイザーの資格は、食事を提供する職業に従事する方にオススメです。

  • 健康志向の高いお客さまは、どんな食材を使ったメニューを望んでいるのか
  • 何を前面に押し出せば健康的なお店とイメージされるのか

これらの知識は現代の健康ブームによりマッチしています。

美味しさや値段だけではなく、健康面からお店の在り方を考えられるのは食育健康アドバイザーの資格ならではのポイント。

  • スーパーの食品売り場
  • 飲食店
  • 企業の食品開発部
前向きさん

これらの職種の方は、食育健康アドバイザーの資格で得た知識によって、製品の企画の際にも応用出来るのもポイントです。

家族の健康を守るのに必須の知識

ライフスタイルの変化と共に、家族の在り方も昔とは様変わりしました。家族バラバラお食事も今や珍しくはありません。

食育健康アドバイザーは、ただ栄養補給するだけの食事ではなく、家族での楽しい食卓の大切さも学んでいきます

○ 工夫するきっかけに

いくら食育健康アドバイザーの資格で、家族で食べる食事の大切さを学んでも、実際のライフスタイルはそう簡単に変えられません。

しかしその中で、家族の食生活を改善させる工夫を提案できるくらいの知識が身につきます。

  • 休日は子どもと一緒に料理を作る
  • 外食だった昼食を週に1回お弁当にする
  • 作り置きをして冷凍しておく
前向きさん

このように日頃の生活の中で無理なく、家族の食生活改善できるアイデアを考えられるようになります。

○ それぞれの年代に合った食生活

家族には小さな子どもから、高齢者まで幅広い年齢の方が居ます。

子どもだったら栄養価の高い食材をふんだんに使う、高齢者ならば塩分控えめで小さく食材を切るなどの配慮ができるようになります。

前向きさん

また健康診断の結果を配慮した食生活も提案できるのも良いですね。

特に子どもには小さいうちから食育をすることが重要。より豊かで実りのある食生活を送れるようになります。

食育健康アドバイザー資格は、実務でも家庭でも役立てられる、とても実践的な資格なのです!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる