幼児食資格

幼児食資格は、子供の身体の成長や味覚・脳の発達に欠かせない食事の栄養のバランスの基礎や献立、食物アレルギーついて学び活かせる資格です。

前向きさん

近年、アレルギー体質の子供が増えている中、アレルギーの正しい知識などを身につきます。

目次

幼児食資格で学べること

幼児食資格の学習内容には様々な分野があります。

幼児食の基礎である栄養素や食べさせ方、幼児の1日に必要な栄養を考えたレシピなど、発達段階に合わせた幼児の食についてなどです。

年齢に合わせた調理方法やアレンジ方法も学べるようになっています。

また、子どもは成長段階で好き嫌いがでてきたり、遊び食べを始めたり、健康的な食事を作ってあげようと思ってもレパートリーがなかったりと、子どもの食事に関する悩み事はつきものです。

幼児食資格は、学んだ事をすぐに実践できるのも特徴です。

前向きさん

その為、学びながら実践していき、生活ですぐに活用出来るのもメリットです。

幼児食についての正しい知識が身につくので、子どもに合わせた食事を作れるようになっており、子どもが食べてくれなくてイライラしていた事も、正しい知識を学ぶ事によって「なぜ食べてくれないのか」が分かるようになります。

幼児食資格は、お母さんの悩みを解決してくれる資格です。資格取得後には、支援センターや自身がアドバイザーとして、同じ悩みのあるお母さん方のサポートも可能となっています。

幼児食資格とは

幼児食資格とは、乳幼児期に必要な栄養や食事のとり方、アレルギーに関する知識を学び、実践に活かせる資格です。

1~6歳の食事は、脳や骨など体の大事な部分の成長が著しい時期でもあり、この時期に適切な食事を摂ることが健康に発達していく為にも重要です。

幼児期の好き嫌いに対して、どのように食事に取り入れると子供が喜んで食べるか。

食物アレルギーや病気の子どもの対応食などの知識も身につきます。

前向きさん

幼児食資格には様々な種類があります。

資格の種類学べる内容
幼児食マイスター・成長に合わせてバランスを考えた献立を学べる・手づかみ食べや遊び食べのしけにも有効な知識を学べる
ベビーフードインストラクター・資格取得後に自宅などで講師として活動可能・乳幼児の発達に応じた形態を熟知できる
幼児食インストラクター・1~6歳の最も重要とされている成長期に必要な栄養素や献立を学べる資格
幼児食アドバイザー・幼児食の基礎知識と作り方を学べる 
子供食育健康管理コーディネーター・食育や栄養学の基礎を学べる・子供の食事に特化した栄養学を学べる

このように、一重に幼児食資格と言っても種類があり、学べる内容も、幼児食に関する基礎知識の他に、それぞれの資格でしか学べない内容も含まれています。

幼児食資格は、小さな子どもが居ても在宅での勉強や在宅での受験が可能な資格もあり、いま人気の資格になっています。

前向きさん

子どもの食に関する知識も学べて、手に職がつき一石二鳥の資格です。

赤ちゃん・乳幼児・幼児に適した食事を学ぶ

赤ちゃん・乳幼児・幼児に適した食事を学ぶ

赤ちゃんの離乳食から幼児に適した、成長段階の適切な栄養素や食事のとり方を学べます。

子供は、好き嫌いが出てきたり、特定の時期には遊び食べが始まったりなど、お母さんが困ってしまう事が沢山あります。

しかし幼児食資格には、そんな困った悩みも解決できる知識や解決策が身につきます。

食物アレルギーに対する知識が身に付き、食事のレパートリーも増やして、食事の食べさせ方も学べるようになっています。

また、見た目にもこだわり、赤・緑・黄と3色を上手に使い分けて献立を立てることは、毎日献立を考えるお母さんにとって大変な事です。幼児食資格には、そんな知識も身につけられます。

幼児食資格は、子どもの食事に対することで悩んでいるお母さん方のサポート役としても役立てる資格です。

食材や調理方法選びもこれで安心

幼児食資格には、幼児食の基礎知識だけでなく季節の食材を上手に取り入れる方法や、食材の適切な調理方法まで学べるようになっています。

忙しいお母さんにとっては、食事の支度に時間をかけられない方も多く、時短調理の方法も幼児食資格を取得することによって学び、実践に活かされます。

体に良い栄養素を理解していても、なかなか上手に取り入れることは困難ですが、幼児食資格には、子どもが飽きないよう同じ食材でも、揚げる・煮る・炒める・茹でるなど調理方法を変えたり、味付けも甘くしたり塩味にしたり、素材の味を大事にする献立をたてることについても習得できます。

幼児食資格の全てに共通しているのは、子どもの食に関する基礎知識を身に着けられるという点です。

そこから、応用して食事のマナーや子どもが楽しく好き嫌いなく食べてくれるようなレシピを学んでいけるようになっています。

幼児食資格は、子どもにとってもお母さんにとってもメリットの多い資格です。

子どもの食事に関して悩みがあるなら、幼児食資格の取得にチャレンジしてみてください。

前向きさん

幼児食資格におすすめの2つの資格を紹介します。

ベビーフードインストラクター

ミルクや母乳から流動食・固形食へと移行していく、子どもに最も重要な時期の離乳食について学べます。

離乳食は、嫌がっているのに無理あげると食べてくれなくなるなど、嫌いになってしまった食べ物は、もう食べてくれないなど大変な時期が離乳食期です。

ですが、離乳食を食べ始める時期は味覚や感覚が発達してくる大事な時期でもあります。この時に、嫌いなものを工夫して食べさせることや、嫌いな食べ物をつくらない工夫が必要になります。

ベビーフードインストラクターは、離乳食の基礎知識から工夫して食べさせるコツ、楽しく食べてもらえる工夫を学べ、在宅受験が可能なのでおすすめの資格です。

幼児食マイスター

幼児食マイスターは、幼児食に関するジャンルにあらゆる形で関わることができる資格です。そして、充実した栄養を与える技術を持った人に与えられる日本安全食料料理協会が認定している資格になります。

幼児食の基本知識はもちろんの事、食事時のしつけや、食物アレルギーに関しての知識も学べます。幼児食マイスターは、幼児食を開発している会社へのサポートとしても活躍できますし、悩んでいるお母さんにアドバイスする事もできます。

食物アレルギーで起こるアナフィラキシー症状の予防や対策方法も身につき適切な対処をすることもできる資格です。

幼児食マイスターは、食物アレルギー症状に対しての予防や対処法なども身につき、こちらの資格も在宅受験が可能なので、食事に関して一番悩みが出てくる幼児期の資格取得におすすめの資格です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる