介護食資格

介護食資格の取得によって、高齢者の弱っていく食事機能を補う介護食の知識を習得できるようになっています。また、介護食の種類や調理方法、食事介助の方法も身につき、高齢者が安心して食事と栄養を摂るサポートができるようになります。

前向きさん

今回は介護食資格について詳しく説明していきます。

目次

介護食資格で学べること

介護食とは?

介護食とは、通常の食事をそのままでは食べられない方のために作られた食事のことです。高齢者は食事の機能が弱っていきます。

(介護が必要な方は高齢者だけではないのですが、今回は高齢者のみに焦点を絞って説明します。)

前向きさん

弱った食事機能を補うのが介護食であり、高齢者に必要な栄養素を摂取できるように作られています。

介護食資格とは

介護に携わる方にとって、介護の現場における「食」の知識は必要なものです。

人は「食」によって栄養を摂ります。栄養は、人が生きていく上で必要なことです。

そのため、通常の食事が摂れない高齢者も、積極的に栄養を摂れるようにしなければなりません。

介護の現場で必要な「食」について学べる資格

高齢者が栄養を摂る助けとなる介護食は介護の現場において必要不可欠なものです。

介護食が高齢者に適切に提供されるためには、食事の提供に携わる方が介護食とは何か、ということから、どのようにして提供するのかという知識の習得が必要です。

介護食資格の勉強をすることで、高齢者が生きていくために必要な食事を提供できます。

前向きさん

高齢者に対して「食」の面でも支援できるようになるのです。

介護食資格はここで活かせる

介護食資格を取得すると、以下に掲げる仕事や場面で、学んだ知識を活かせるようになります。

管理栄養士、栄養士

高齢者施設に勤務している管理栄養士、栄養士は食事メニューを考えます。
自分の考えたメニューが介護食としてどのような形で提供されるのかという知識があると高齢者に向けたメニューも適切なものを考えられるようにます。

介護福祉士、ヘルパー

介護福祉士、ヘルパーは、高齢者の日常動作を支援し、食事介助の業務を担っています。
食事の提供の仕方についての知識があると、食事介助の際にその知識が活かせるようになり、高齢者に負担にならないような介助が可能になります。

在宅介護

施設だけではなく、在宅で家族が高齢者を介護することもあります。高齢者の食事を家族が用意する際に、知識が活かせるようになるでしょう。
介護食資格は、高齢者施設で勤務する方が活かせる資格ですが、在宅で高齢者の介護をしている方にとっても役に立つ資格といえます。

介護食資格の種類

介護食資格にはいくつか種類があります。

講座を開設している学校に通う、または、一般向けに開講している講習を受講する「介護食士」という資格があります。

他には、通信講座を修了する、あるいは修了後、在宅で試験を受けて取得する資格もあります

介護食士の講習では、調理実習も行うので、実践的で濃い内容を勉強します。実践的な知識を学べることは通学の利点ですが、取得までに長い時間を要します。

時間に拘束されず、自分の都合に合わせて資格を取得したいという方もいらっしゃるでしょう。

前向きさん

そのような方のために、自宅で学習した後に、腕試しができる在宅受験の資格を2つご紹介します。

介護食の基礎知識の他に、食事介助の手順と方法やポイント、調理サービスについての知識があることが認められます。

介護食の役割や作り方に関する知識があることが認められます。デザート等さまざまなレシピについての問題も出題されます。

前向きさん

最後に、介護食資格を取得するためにどのような知識を学ぶのかについて解説します。

高齢者の食事と献立を学ぶ

高齢者の食事と献立を学ぶ

 
高齢者は身体の機能が衰えていき、食事を噛む力や飲み込む力も落ちていきます。

噛む力が衰えていくと食事を細かく噛み砕けなくなります。その状態で通常の食事を摂ると、食べ物が大きいまま飲み込んでしまい、喉つまりをしてしまいます。

また、飲み込む力が弱くなると、食べ物を喉の奥から胃へと送り込むことができず、誤って気管に入ることがあります。

このようなトラブルや事故を防ぐために、高齢者はそれぞれの身体機能に応じた食事と献立に基づいた食事を摂ることが必要です。

介護食資格の取得によって、高齢者に応じた食事や献立がどういったものかを学べます。

飲み込みやすさを意識した調理を学ぶ

介護食にはいくつか種類があります。例を挙げますと次のとおりです。

きざみ食食材を小さくきざんで噛みやすくしたもの。
とろみ食片栗粉やとろみ剤を使って食事にとろみを加えたもの。
ミキサー食食事をミキサーにかけてポタージュ状にしたもの。
ムース食ペースト状にした食事をムース状に固めたもの。
ゼリー食ペースト状にした食事をゼリー状に固めたもの。

これだけ種類があるのは、高齢者の飲み込む力の段階に応じて食事の調理方法を変えるためです。

介護食資格の取得によって、飲み込む力がどの段階でどういった種類の介護食を提供するかという知識を習得できます。

介護食資格の中には、介護食に関する知識の他に、食事介助の方法や高齢者の心理について学ぶものもあります。

どの知識も共通するのは、高齢者が安心して食事を摂る手助けになるところです。

前向きさん

介護に携わっている方やこれから介護に携わりたいと考えている方にとっては、「食」の面で介護に役立つ知識を得られる資格ですので、興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも前向きがモットーです♪
資格は自分をカスタマイズする、とっても良い手段だと思っています。
デキることが増えるって楽しい!!
もっとデキる自分になれるために、毎日を前向きにめいっぱい楽しんでいます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる